New 11/13

*詳しい行程と旅行参加費用が確定いたしました。

(4名様以上で実施の場合の費用となりますことをご承知おき下さい)

*当企画旅行は、1月26日出発で設定をしていますが、参加者様のご都合に合わせ、出発日変更の対応も可能です。ホエールウォッチングは1月から4月下旬までが鯨に出会える時期のピークとなりますので、この日のご旅行が難しいお客様は問い合わせフォームより、お気軽にご相談下さい。

自然豊かなスローな時間が流れるマウイ島。

ここマウイ島は、ハワイ諸島の中でも観光客が最も少なく静かに過ごせる島と言われています。観光客が少ない=見所がないということではありませんが、日本人観光客も含め特にアジアからハワイへ旅行に行く方のほとんどは、お買い物も旅の楽しみとされている方が多いことの表れでしょうか。もちろん、ブランド物やハワイらしいお土産を買うことも楽しみなのではありますが、今回、くらぶベルテンポが企画したマウイ島企画のテーマはこちら↓

★ ベストシーズンのホエールウォッチング

★ ハレアカラ山でのサンセット&スターライジング体験

★ 日本人の少ないマウイ島でアメリカンリゾートをロコのように楽しむ

ホエールウォッチングツアー、サンセットツアー共に、現地のハワイアンが主催するツアーに参加する予定です。ハワイの人々はとても親切、そして温かく歓迎してくれます。日本のツアー会社では断られてしまう車イスユーザーの方も過去に受け入れて頂けました。

心からenjoyして欲しいという気持ちがとても伝わってきます。

マウイ島は、カチコチに固まった心と身体を温かくほぐしてくれるそんなパワーがあります。

そして、ホエールウォッチング。1月下旬はウォッチングのベストシーズンと言われており、高い確率でクジラに会うことができます。その理由は

マウイ島では11月~4月頃のシーズンになると繁殖や出産、育児のために、アラスカから暖かいハワイの海を目指し、多くのザトウクジラがやってきます。 その為、ホエールウォッチングに一番良い時期は1月下旬から3月上旬までと言われており、この時期ホエールウォッチング・クルーズでは多くのクジラを見れる可能性があります。

神秘的なマウイの海で、クジラに会うことができたら、人生が変わりそうです。そして、「太陽の家」という名を持つハレアカラ山では、サンセットを鑑賞し、その後、体験したことのない星空を楽しむツアーに参加します。

 
日時 2020年01月26日(日)~01月31日(金)
期間 4泊6日間
料金 439,000円
訪問都市 ハワイ州/マウイ島
利用航空会社 ハワイアン航空又は日系航空会社(予定)
出発地 東京国際羽田
募集人数 5人
最小催行人数 4人

ホエールウォッチングのベストシーズン!!

毎年11月から3月の間アラスカからたくさんのザトウクジラがマウイにやって来ます。実はザトウクジラの多くはマウイを目指します

マウイはマウイ本島、カホラヴェ島、ラナイ島、モロカイ島と4つの島から成り立ち、その島々に囲まれた海の深さは、他の島に比べると大変浅く天敵であるサメが入りにくい地形のため、出産、子育てには最適な条件がそろっています。

その為、他の島に比べ、マウイにやってくるクジラの数は圧倒的に多く(推定1500~2000頭)特に1月末から2月の半ばは、ピークと言われており、沖に出てクジラが見えない日はないと言っても過言ではありません。

ベルテンポでは、足の悪い方や車イス利用の方でもウェルカムと受け入れて頂きやすい現地の主催会社に申し込みの予定です。

今まで諦めていた方、Lets Challenge!!


サンセット&スターゲイジングツアーinハレアカラ山

マウイ島はハワイで二番目に大きな島。ここマウイ島にそびえ立つハレアカラ山は標高3055mと富士山にも近い高さですが、この山は山頂までどなたでも車で登れるというのが特徴です。登山せずに山頂まで行けるなんて、なんて素晴らしいのでしょう!

ただし、標高の高い山へ個人で行くには危険が伴います。過去、ベルテンポでもマウイ島のサンセットツアーに参加したことがありますが、プロのガイドさんと一緒に少しずつ高度に身体を慣らしながら山頂を目指すことがとても大切であることを実感しました。

防寒着はツアー会社でレンタルできますので持参の必要はありません。

ハレアカラビジターセンターでは登頂の証明書をもらうことができます。記念になります。幻想的な景色を体験して頂きたいと思います。現在、ツアー会社が未定のため、内容の詳細はご案内できませんが、ご不明な点等はお気軽にお問い合わせ下さい。

こちらのサイトもご参照下さい

ハワイ州政府観光局


史跡が残る港街 ラハイナ

夕陽で色づく夕暮れ時がロマンチックな「ラハイナ」の町は、各国からのクルーズ船が停泊するマウイ島でも人気の観光地です。

海沿いを走るフロントストリートが街のメインストリート。ショップやレストラン、ギャラリーが建ち並びます。

ノスタルジックな雰囲気に溢れる港町は、1800年代から捕鯨基地として栄え、ハワイ王国の首都でもありました。現在は歴史保護地区に指定され、観光客はオールドハワイの面影が残る街並みの散策を楽しんでいます。魅力的な教会やホテル、店や博物館などの建築物を楽しむことができます。


イアオ渓谷州立公園で思い切り、アクティビティ!

マウイ島の中央部・ワイルクのすぐ西にある静かな「イアオ渓谷州立公園」は、人気の自然公園です。そびえ立つエメラルド色の頂上、緑豊かな谷底、突き出した岩のそばに流れるイアオ川の景色が美しく、手軽なハイキングコースとして多くの観光客が足を運んでいます。約16平方kmの敷地にはマウイ島で1番有名なランドマーク、高さ約370mの「イアオ・ニードル」があります。イアオ渓谷は熱帯の自然の美しさだけではなく、ハワイの歴史を変えたマウイ島の古戦場でもあり、近年パワースポットとして世界中から観光客が訪れるようになりました。

そして、展望台から望む渓谷の雄大な景色は圧巻。ニードルの上に雲がかかることもあり、早い時間に行けばきれいに見られる確率が高いでしょう。さらに、熱帯雨林の散策やイアオ渓谷のハワイ自然センターなど、観光客やファミリー向けのアクティビティも充実しています。

たくさん、身体を動かし、楽しみましょう!


マウイを感じる宿泊

今回の企画で、宿泊先についてはまだ未定ではありますが、大きなリゾートホテルではなく、マウイの人を身近に感じ、交流できるような小さなB&Bまたはコンドミニアムでの宿泊を考えています。


  • 1日目
    1

    夜 東京国際羽田空港 出発

        ↓ハワイアン航空利用予定

     乗り継ぎ1回

    正午頃 カフルイ空港(マウイ島) 到着

    着後、専用車またはタクシーにてマウイ島ドライブへ。

    イアオ渓谷へ。

    マウイ島のパワースポットの一つでもあり、太平洋のヨセミテと言われる渓谷です。ハワイでも降水量の多い地帯でマイナスイオンたっぷりの緑の中を散策します。

      ↓

    本日はラハイナに滞在します。

    史跡が残る港町ラハイナはレストランやショップ、史跡は数多く並び、散策にとてもお勧めです。街のフロントストリート沿いからの夕陽は格別でとてもロマンチック。心地よい風を感じながらサンセットを楽しみます。

    日が暮れると街の活気も出てきます。今夜の夕食はフロントストリートで頂きましょう。

    朝: 昼: 夜: ラハイナ(予定)
  • 2日目
    2

    朝食後、ホワイトサンドビーチとして全米NO1にも選ばれたことのある「カアナパリビーチ」で過ごします。存分にビーチアクテビティやゆったりタイムを楽しんだら、フロントストリートでランチを頂きましょう。

    ラハイナにきたら、”チーズインハンバーグ”という声もありますのでよかったら!味も景色も申し分ないハンバーガー屋さんはいつもツーリストやローカルっ子で混んでいます。

    午後は、マウイ島のドライブへ出かけます。ツアーではなかなか行けない裏マウイへご案内予定です。カフルイのお隣、カパルアでは、大自然の中を勢いよく滑り降りる”ジップライン”も体験できます。

    また、カフルイの街ではハワイで生まれたオーガニックマーケットの老舗や1日にいても飽きないと人気の”Whole Foods Market”(スーパー)もあります。

    ショッピングもたくさん楽しみましょう。

    夕食は、海に沈む夕陽を眺めながらディナーが楽しめる”KIMO”S”での夕食を予定しています。

    朝: 昼: 夜: ラハイナ(予定)
  • 3日目
    3

    朝食後、専用車にてカフルイへ向かいます。

    カフルイの街を散策後、ホテルへチェックイン。本日は、ハレアカラ山のサンセット&Sターライジングツアーに参加しますので出発のお時間までゆっくりとお過ごし下さい。このツアーは希望者のみのオプショナルツアーです。ご参加の場合は14時頃ホテルピックアップ、22時30分ホテル解散となります。

    参加費用は$200前後です。

     

    朝: 昼: 夜: カフルイ(予定)
  • 4日目
    4

    朝は少しゆっくり起きて遅めの朝食を頂きます。

    本日は2つのプランをご提案します。

    ① ホエールウォッチングツアーに参加

    ラハイナ港からでるツアーです。12:00から約2時間のツアーとなります。車椅子の方の参加も可能です。(ホテルからツアー集合場所まではタクシーでの移動をお願いします)

    参加費用は旅行費用に含まれます。

    ②東マウイ 秘境を訪ねる旅へ

    日本人観光ドライバーの方が案内して下さる秘境ツアーでは団体ツアーや個人では行くことのできないマウイの自然を感じられるスポットへとご案内頂きます。(別途有料)

    夜は、参加者全員で夕食を頂きます。

    朝: 昼: 夜: カフルイ(予定)
  • 5日目
    5

    朝食後、カフルイ空港へ

    正午頃 カフルイ空港 出発

         ↓ハワイアン航空(予定)

    乗り継ぎ1回

    朝: 昼: 夜: 機内泊
  • 6日目
    6

    夜 東京国際羽田空港 到着

    朝: 昼: 夜:

利用になる宿泊地

ラハイナ

カフルイ

現地での移動交通手段

少人数での旅行となりますので、現地では貸切バスではなく、タクシーやシャトルバスなどを利用して移動することがあります。一般的な団体ツアーと異なり大型バスでの移動ではありません「こういった変化が楽しい」とおっしゃってくださるお客様も大勢いらっしゃいますので、ご理解を頂けましたら幸いです。

439,000円 /大人お1人様

旅行参加費用は、4名様以上で企画旅行を実施する場合の金額となります。
4名様以下で実施の場合には大変恐縮ですが、追加費用を頂く場合がございます。

料金に含まれるもの

  • 国際航空往復運賃(エコノミークラス)/ホエールウォッチングツアー代金/宿泊費用/添乗員同行費用・諸経費/企画手配料金

料金に含まれないもの

  • 一人部屋利用追加代金/日程表に記載のないお食事代/現地移動費(タクシーメーターにて利用)/航空機アップグレード代/観光入場料金/個人的発生費用/海外旅行傷害保険代(任意)

杖での歩行、車椅子利用の方の参加も歓迎しています。

ご不安な点はお気軽にご相談下さい。

 

お客様へのお願い

通常の団体ツアーと異なり、可能な限り現地で臨機応変な対応をしたいと考えております。行きたい観光箇所がありましたら、どうぞ事前にお知らせください。可能な限り、日程に取り入れて参ります。

お足元の悪いお客様へ

杖をご利用になられているやご高齢の方で配慮が必要な方は、どのような配慮が必要かなど、できるだけ詳しくお知らせください。現地観光地での歩行距離や坂道、お足元の状況などは個別にご案内させて頂きます。

お一人で参加を希望される方へ

宿泊先での一人部屋利用追加代金のご負担が大きくならないよう、宿泊先の選定をさせて頂きます。お気軽に参加頂けるように努めます。

参加をご検討頂けます場合は、お早めにお知らせ頂けますと助かります。

詳細が確定するまで少しお待ち下さい。

参加をご希望、ご検討頂けるお客様へ

この旅行にご興味をお持ち頂き、参加をご希望頂けます場合、メールや電話でご一報頂けましたら幸いです。 飛行機の座席は団体枠ではなく、個人枠で確保しますので、お客様のお名前を報告してからの正式予約となります。エコノミークラスの他、プレミアムエコノミー、ビジネスクラスなどのご希望も承ります。