式年遷宮を終え、新しくなった伊勢神宮をゆっくりとお詣りしませんか。伊勢神宮はお足元の悪い方でも安心して参拝できるように玉砂利でも走行しやすい、太いタイヤの電動車イス無料貸し出しがあります。杖を使われている方でも、ゆっくりゆっくりと焦らずにご自分のペースで参拝しましょう。ベルテンポはゆっくり、ゆっくりです。

1年の終わりに、今年の無事のお礼と新しい1年が良き年となりますよう、静かに手を合わせましょう。

お宿は、1日目は伊勢参りに便利な伊勢市駅前のホテルに泊まります(シングルルーム又はツインルーム)。2泊目は渡鹿野島にある自家源泉や松坂牛、新鮮な伊勢の海の幸を懐石料理で頂けるお宿を予定しています。現在、和洋室を3部屋確保しています。

なお、旅行費用は6名様がお集り頂いた場合の費用目安です。人数が少なくなった場合は手配内容を変えたり、費用の変更をお願いする場合がございます。よろしくお願いいたします。

 

 
日時 2019年12月15日(日)~12月17日(火)
期間 2泊3日間
料金 153,000円
訪問都市 伊勢志摩
利用新幹線
出発地 東京駅・品川駅・新横浜駅・小田原駅・名古屋駅など各地から参加可能です
募集人数 6人
最小催行人数 2人

諦めていた方でも伊勢神宮にお詣りできます

日本人なら誰もが一度はお詣りしたいと願う伊勢神宮。とはいえ、玉砂利の参道、混雑などお足元の悪い方は諦めてしまっているのではないかと思います。

もちろん、全くストレスなくとは行きませんが、JRそして近鉄の伊勢市駅から外宮までは良く整備された参道で段差などはありません。玉砂利も良くも悪くも大勢の方が参拝するので砂利がざくざくという感じではなく、杖を使う方でしたらゆっくりとご自身のペースで参拝可能です。車イスを使われる方は場所によっては自走は難しいかもしれませんが、私たちもお手伝いさせて頂きますし、このチャンスを生かして頂いて、夢だったお伊勢詣りを叶えて頂ければと思います。


外宮よりも内宮が少し歩く距離が長いです

外宮は参道が短いので、そして混雑もそこまではひどくないので、比較的楽に参拝できます。内宮は敷地が広いので正直、少し大変です。内宮の手前、五十鈴川に掛かる宇治橋はとても有名ですが、ここから本殿の下までゆっくり歩いて15分くらいあります。杖を使われている方で歩行に自信のない方は、事務所で車イスを借りましょう。参拝が大変な方も多いので、伊勢神宮では車イスを無料で貸し出しています。数もびっくりするくらいたくさんありますので、当日お願いしてもすぐに借りられます。

本殿の手前には30段ほどの階段があります。ここにはスロープなどはないので、手すりを使いながらゆっくりゆっくり上るか、または階段の下から遥拝させて頂きましょう。

※車イスを担ぎ上げてくれるボランティアの方がいるとお伺いしたのですが、お気持ちは嬉しいのですが、私は事故防止の観点からあまりお勧めは致しません。「そこまでして」無理して本殿前に行かなくても神様は分かってくださいます。

 


月読宮(つきよみのみや)などの別宮がたくさんあります。

伊勢神宮は二見浦、外宮、内宮の順で参拝するのが正式だそうです。できればこの順番でお詣りします。そして伊勢にはたくさんの別宮があります。

内宮の別宮、月読宮は天照大御神の弟神・月読尊をご祭神とする月読宮で、参拝客も少なくとても静かですが、とても神々しい場所です。時間があればぜひお詣りしましょう。


絶品!伊勢うどん

伊勢と言えば、伊勢うどん。お詣りする人がささっと食べることが出来、消化が良い食べ物をと作られたそうです。シンプルな醤油ベースですが、なかなか美味しいです。よかったらおかげ横丁で食べてみましょう。


出来立ての赤福を!

赤福はあまりにも有名な伊勢の和菓子屋赤福の和菓子です。いわゆるあんころ餅といえるでしょうか。餅を餡でくるんだもので、餡には三つの筋がついています。これは五十鈴川の川の流れを表していると言われています。お土産に買っても良いのですが、やはり本店で食べてみたいですね。すごく混んでいますが回転も早いので待てば食べられると思います。おかげ横丁の中にあります。(おかげ横丁は赤福が経営しています)


石神さま。”女性の願いを一つだけ叶えてくれます”

海女の町、三重県鳥羽市相差町の神明神社にある末社の一つ石神社。ここで祀られている祭神は玉依姫命という女性の神様で高さ約60cm程の石をご神体としています。相差町の海女さん達が安全大漁を願って密かに石神さんに祈願し続けてきたことから、石神さんは女性の願いなら一つだけは必ず叶えてくれると言われるようになりました。

石神さんは、芸能人やスポーツ選手がお忍びで通うことでも知られています。マラソンランナー野口みずきさんが神明神社で買った「石神さん」のお守りを持って走ったところ、アテネオリンピックで優勝できた! というのも有名な話です。

他、石神さん近くの茶屋では、実際にお願い事が叶い、「今日はお礼参りにきました」という女性がとても多いの事にも驚きます。

是非、お願い事ひとつだけ、お参りをしてみてはいかがでしょうか。


  • 1日目
    1

    10:33 東京駅

      ↓ 新幹線「のぞみ」

    ※時刻は多少前後することがあります。
    12:17 名古屋駅
    12:37 名古屋駅
      ↓ JR快速「みえ」利用予定 (名古屋駅での乗り換えが便利なため)
    14:05 伊勢市駅
        荷物はホテルに置いてからお詣りに行きましょう。

      ↓ 徒歩(5~10分)外宮をお詣りします

    外宮参拝

    ※ご希望があれば二見浦・夫婦岩・二見興玉神社にもご案内します(少し離れていますのでタクシー利用となります)本来の参拝順序は二見興玉神社、外宮、内宮ですが、そこまでこだわりがないということでしたら、二見興玉神社はパスします。

    二見興玉神社は車イスでも参拝可能です。参道には階段や段差はありません。駐車場から本殿までゆっくり歩いて10分です。(元気な方が普通に歩くと5分)

    伊勢神宮・外宮(別宮[多賀宮(たかのみや)・土宮(つちのみや)・風宮(かぜのみや)

     ↓ 

    ホテル 到着 

    1日目のホテルはアクセスが便利なように、伊勢市駅から徒歩圏内のホテルを利用します。

    朝: 昼: 夜: 伊勢市駅前のビジネスホテル
  • 2日目
    2

    ホテルチェックアウト(9時30分出発予定)

    荷物はホテルに預けて、午前 伊勢神宮・内宮を参拝
    伊勢神宮・内宮(別宮[荒祭宮(あらまつりのみや)・風日祈宮(かざひのみのみや)

    おかげ横丁で買い物、昼食を楽しみます。

    (時間があれば猿田彦神社にも参拝)

    近鉄にて鵜方駅へ(特急で40分) 鵜方駅からはバス(三重交通で18分)又はタクシーと船を乗り継ぎ渡鹿野島に向かいます(渡船3分)

    渡鹿野島の宿にチェックイン 

    朝: 昼: 夜: 風待ちの湯 福寿草
  • 3日目
    3

    10時 ホテルをチェックアウトして渡船で対岸へ(3分)

    観光タクシーにて相差の石神さん(神明神社)にお参りします。

    午後は景色の良いところをドライブします。

    賢島又は鳥羽から近鉄特急にて
    (チケットが取れたら「しまかぜ」にも乗車したい!)

    ※特急券の発売は1か月前です。満席の場合は一般の近鉄特急を手配致します。

    近鉄賢島駅 15:40
      ↓ 「しまかぜ」チケットが取れたら乗ります!

    近鉄名古屋駅 17:44

    JR名古屋駅 18:39
      ↓ 「のぞみ398号」(予定)

    東京駅 20:20

    名古屋駅にて新幹線に乗り換えます。
    福岡や中四国から参加の方はここで解散。関西方面の方は近鉄で直接京都、大阪へお帰りになられるのが便利です。

    「しまかぜ」が手配できなかった場合は、一般の近鉄特急で早い時間に戻りますので、東京駅着はもう少し早くなります。ご案内は出発の1か月前になります。

    朝: 昼: 夜:

利用になる宿泊地

風待ちの湯 福寿草(2泊目)

福寿荘は渡鹿野島にあり、対岸から渡船で渡るユニークな宿です。温泉は治療効果が高いと言われる療養泉の露天風呂。イセエビやアワビ、牡蠣などの地産地消の料理を頂くことができます。喧騒とは無縁の宿でゆっくりと過ごしましょう。

https://www.fukujyuso.co.jp

現地での移動交通手段

少人数での旅行となりますので、現地では鉄道、タクシーを利用して移動します。杖や車イスを使う方がご不便を感じないように配慮致します。ご質問がありましたらお気軽にお問合せください。

153,000円 /大人お1人様

現在6名様以上で参加実施の場合で料金を算出しています。
そのため、6名様以下で実施の場合には大変心苦しいですが、お一人様あたりの旅行費用を少しあげさせて頂きます。
企画旅行のため、ご理解を頂きたくお願い申し上げます。

*受注型手配旅行とは*

https://www.webtravel.jp/provision/prv_3_1.html

料金に含まれるもの

  • 往復交通費/宿泊費用(2泊)/現地移動交通費/日程記載のお食事代/企画手配料金/添乗員諸経費・同行費用

料金に含まれないもの

  • 集合場所までの交通費/参拝料/観光入場料金/日程記載のないお食事代/任意の国内旅行保険/個人発生費用/一人部屋利用追加代金

バリアフリー情報 

<伊勢神宮>
外宮、内宮ともに玉砂利の参道を歩きますが、神宮の受付で車イスを無料レンタルしています。この車イスはタイヤが太い電動車いすですので、砂利道でも安心です。台数はたくさんありますので予約なく行っても大丈夫です。外宮は途中階段や段差はありません。内宮は最後、本殿の手前に階段が30段ほどあります。スロープはありません。車イスのままで本殿前までは行くことが叶いませんが、歩いて階段を登れるという場合、お手伝いはさせて頂きます。どうぞご無理はなさらないでください。

<二見浦>
駐車場から段差なくアクセスできます

<電車>
近鉄特急は古いタイプの車両には車イス対応スペースがありません。新型には車イス対応スペースがあります。

<タクシー>
福祉タクシーは利用しませんので、一般のタクシーでの観光、移動となります。ご不安な方は事前にお打合せをさせて頂きますのでお知らせください。

<ホテル>
ベッドのある洋室の部屋をご用意いたします。完全なバリアフリー対応ではなく一般的な洋室です。

お客様へのお願い

現地で臨機応変な対応をしたいと考えております。行きたい観光箇所やご希望がありましたら、どうぞ事前にお知らせください。楽しい旅にしたいと考えております。

お足元の悪いお客様へ

杖をご利用になられているやご高齢の方で配慮が必要な方は、どのような配慮が必要かなど、できるだけ詳しくお知らせください。現地観光地での歩行距離や坂道、お足元の状況などは個別にご案内させて頂きます。

お一人で参加を希望される方へ

今回利用するホテルは1名1室利用ができないため、お一人部屋追加代金が高くなってしまいます。 ご理解を頂けましたら幸いです。

参加をご希望、ご検討頂けるお客様へ

この旅行にご興味をお持ち頂き、参加をご希望頂けます場合、メールや電話でご一報頂けましたら幸いです。 確実な手配を行うために早めのご連絡をお待ちしております。参加が決定でない場合でも「興味がある」「参加を検討している」とお知らせ頂けますと嬉しいです。お一人でのご参加も大歓迎です。お問合せください。