NEW 10/16

会員様より、「せっかくなので、京都にも立ち寄り、紅葉を楽しみたいです」とご希望を頂き、プランを少し変更させて頂きました。姫路城は省き、京都、倉敷と小豆島の秋を堪能することとしました。

現在2名様(ご夫婦様)に参加お申し込みを頂いています。ご主人様が車椅子をご利用ですので、ゆっくり、じっくりと旅を楽しむスタイルになると思います。今年は紅葉が遅めの予報なので、この時期も運が良ければ美しい紅葉観賞ができると期待しています。

宿泊手配の都合上、あと1部屋のみのご提供とさせて頂きます。1名様での参加も大歓迎です。

★お申し込み期限  11月10日まで

秋の京都、倉敷と瀬戸内海に浮かぶ島、小豆島を訪ねます。今回は京都では混雑を避けて私たちが京都を訪れる日に紅葉が見ごろの場所へご案内します。倉敷ではぶらタモリでも紹介された美観地区をゆっくりと歩きます。秋風に揺れる柳並木と白壁の土蔵、そして倉敷川では船頭さんが漕ぐ観光舟で水上から倉敷の景観を楽しむことができます。ホテルは美観地区から徒歩3分程の場所にありますから、有名な美観地区の夜間ライトアップも見ることができます。

翌日は、瀬戸内海をフェリーにて小豆島へ渡ります。小豆島はどこを切り取っても絵になる風景ばかり。そして、そうめん、オリーブオイル、お醤油などの工房もあります。寒霞渓は紅葉の見頃を迎えます。ロープウェイで山頂を目指しましょう。

最終日は小豆島で少しゆっくりしてからフェリーで高松へ渡り、高松空港から羽田へ戻ります。
(中部、関西方面からご参加の方は高松から岡山経由新幹線でお帰り頂けます)

12月初旬は紅葉時期で混雑が予想されますので興味のある方はお早めにお知らせい頂けますと助かります。よろしくお願いいたします。

 

 
日時 2019年12月01日(日)~12月04日(水)
期間 3泊4日間
料金 298,000円
訪問都市 京都、倉敷、小豆島
利用新幹線 東海道新幹線のぞみ号/復路は航空機利用
出発地 JR東京駅・品川駅・新横浜駅など全国からご参加可能です。
募集人数 6人
最小催行人数 4人

混雑を避けて紅葉の京都を愉しむ

「京都の紅葉はどんな感じですか?」

私はいつも、京都癒しの旅の下戸眞由美さんに同じ質問をしてしまいます。
下戸さんの答えは、

「木々に呼び掛けているところです。」

紅葉は急激に気温が下がると色づきが良くなるそうですが、その年によって時期も色づきも様々です。一度として同じ状態はありません。それに今年はもう10月も半ばだというのにこの暑さ。

本当は瀬戸内の旅を企画したのですが、秋の京都を素通りするのもどうかと思いますので、1泊してしまうことにしました。

駅近くのシティホテルに部屋を確保して、新幹線へのアクセスが便利なようにしますのでご安心ください。

どこを観光するかは、旅をご一緒させて頂く方々と打ちあわせしながら、最終的には当日、紅葉が見ごろの場所にご案内致します。京都はタクシーで回りますので、杖や車イスを利用されている方でも安心してご参加ください。

私たちも以前、京都癒しの旅の下戸さんと出逢うまでは、桜やお祭り、紅葉の時期に京都などに近づくものではないと考えていました。どこへ行っても「人、人、人・・・」人ごみに酔ってくたくたになる。そんなイメージしかありませんでした。

ところが下戸さんと出逢い、ひとつの事実が発覚します。
それは「観光客が行く場所はどこも同じ」ということでした。

ガイドブックやネットの情報を頼りに現地へ行けば、同じ情報を持っている人が全国から集まりますから、ものすごい人で大混雑になるのは当然です。

逆に考えると、それ以外のところには、実はそれほど人がいない。
紅葉は混雑度が激しいほどきれいというわけではありません。

有名なところでないとみる価値がない訳でもありません。

そして、

これだけ書いて、こんなことを言うのは身も蓋もない話ですが、
秋の京都は紅葉だからいいというわけではなく、

紅葉じゃなくても素敵なのです。

冬が近いことを知らせてくれるキンと張った空気。お散歩も気持ちいいです。
人ごみを避けて静かな庭で、心を空っぽにする時間。

地元の方が勧めて下さる食事処で頂く、手のかかった料理の品々。

そんな京都を一日だけですが一緒に楽しみましょう。


倉敷 歴史ある風景 美観地区

美観地区とは、江戸幕府の直轄地、天領であり、輸送物質の積載地として栄えた街です。明治期には倉敷紡績が繊維産業で降盛、街の発展に貢献しました。町家や白壁の蔵を中心とする街並みなどがエリアの大部分が重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

美観地区は半日から一日あれば充分に観光できる広さです。人気の雑貨店やグルメ、土産店には岡山メイドのものがずらりと並びます。個人的にお勧めなのは、有鄰庵というカフェの”しあわせプリン”!にっこり笑顔になれますよ。

 

 

 

 

 

ここ有燐庵では、伝統体験やお食事ができるカフェもあります。伝統体験はとても珍しい”玉島だるまの絵付け体験”や”国産ひのきのお箸作り体験”があります。是非チャレンジを!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【有燐庵】https://yuurin-an.jp/cafe/

美観地区、ゆっくりとそぞろ歩きを楽しんで下さい。


世界のアートを間近で体験 大原美術館

倉敷の実業家・大原孫三郎が設立した日本で最初の西洋美術館。3館からなり、エル・グレコやモネ、ゴーギャン、児島虎次郎など国内外の名作が見られます。個人的には(高萩)世界でも珍しいセガンティー二の絵画がここにあると聞いていて、ぜひ見てみたいと思います。絵が好きな方なら1時間、2時間ではまったく足りないと思います。


瀬戸内海の絶景をフェリーから楽しむ

3日目はタクシーで倉敷から宇野港へ向かい、瀬戸内海をフェリーで渡ります。1時間の短い船旅ですが飽きることのない瀬戸内の風景をお楽しみ頂けます。船内はバリアフリー対応になっており、車イスをご利用の方でもストレスなく乗船頂けます。多目的トイレもあります。

 


小豆島での島時間

自然豊かな小豆島は思わず写真を撮りたくなる景色の宝庫です。ここでは、二十四の瞳映画村、醤の郷を始め、日本三大渓谷美、寒霞渓山頂へのドライブを楽しみます。

※寒霞渓のロープウェイは麓の乗車駅に激しい階段(50段以上)があるため、タクシーなどで山頂へ向かう予定です。


名作の世界へ!二十四の瞳映画村

映画、二十四の瞳のロケセットを改装。島の風景に馴染む木造校舎や映画館、懐かしの給食が味わえる空間に心からほっこりすることでしょう。昭和のあの頃を思い出して誰もが優しい気持ちになれる場所です。


高松 特別名勝 栗林公園の散策

100年以上かけて造園された日本庭園。ここ特別名勝である、栗林公園で散策とグルメを楽しみましょう。(栗林公園はかなり広いので、ご希望がある場合のみご案内致します。ご希望がなければ最終日は小豆島でもう少しゆっくりしてから高松へ向かいます。)


  • 1日目
    1

    10時40分  JR東京駅 出発 ※新幹線の時刻は多少前後します。
     ↓のぞみ167号(予定) 車内にて昼食は各自お弁当
    12時55分 JR京都駅 到着
    着後、大きな荷物はホテルに預けます。

    タクシーにて混雑のない紅葉の京都を観光します。

    夕食は京都らしいものを頂きましょう。

    朝: 昼: 夜: ホテルヴィスキオ京都  宿泊
  • 2日目
    2

    朝食後、ホテルをチェックアウトして倉敷へ

    10時33分 JR京都駅発
      ↓ 「のぞみ157号」を岡山で「こだま733号」に乗り継ぎます。

    11時46分 JR新倉敷駅着

    着後、タクシーにてホテルへ。ホテルに荷物を置いて昼食、散策をしましょう。

    倉敷では、美観地区を中心に観光します。大原美術館にもご案内します。
    夕食後、元気があれば、美観地区のライトアップ見学へ。幻想的な風景を楽しみます。  

    朝: 昼: 夜: 倉敷美観地区のホテル
  • 3日目
    3

    倉敷からタクシーで宇野港へ。(23キロ・1時間)

     

    09時30分頃 倉敷のホテルを出発。タクシーにて宇野港へ。
      ↓  タクシーにて移動(1時間)
    10時30分頃 宇野港着
    11時10分  宇野港発
      ↓  フェリーで小豆島に向かいます(1時間)
    12時39分  小豆島・土庄港(とのしょうこう)

    到着後、昼食を頂いてから島内をドライブします。

    オリーブ公園、醤油蔵、エンジェルロードなど

    寒霞渓の紅葉をお楽しみください。

     

    朝: 昼: 夜: 小豆島 宿泊
  • 4日目
    4

    9時間頃ホテルをチェックアウトして、午前中、2時間ほど小豆島をドライブしましょう。

    12時20分 土庄港発
      ↓ フェリーにて高松港へ(1時間)
    13時25分 高松港着
        リムジンバス(又はタクシー)にて空港へ

    15時00分頃 高松空港着
    16時05分 高松空港発
      ↓ ANA998便にて羽田へ
    17時25分 羽田空港着

    ※ご希望があれば、早い時間のフェリーで高松に向かい栗林公園へを散策することもできます。紅葉に染まっていたら美しい特別名勝”栗林公園”の散策も素敵です。昼食は園内のレストランで頂くこともできます。

    ※高松ー羽田(17:40-18:55) ANA538便を利用することもできます。ご参加頂く方と相談しながら帰着便も決めて参ります。

    朝: 昼: 夜:

利用になる宿泊地

現地での移動交通手段

少人数での旅行となりますので、現地では鉄道やタクシー、バスなどを利用して移動します。お足元の悪い方がストレスなく移動、観光できるように配慮致しますのでご安心ください。

298,000円 /大人お1人様

手配確定後に参加費用が確定となります。
企画手配旅行のため、ご了承下さい。現在の提示料金は参考価格としてご案内しています。大きく変更となることはないと思いますが、この点をご承知おき下さい。

料金に含まれるもの

  • 東京ー京都ー新倉敷 新幹線乗車券・指定席特急券
  • 高松空港ー羽田空港 航空券(エコノミークラス)
  • ホテル3泊(朝食付き)
  • 移動に関わる専用車、タクシー代、バス代などの交通費諸経費
  • 日程表記載の食事代
  • 添乗員同行経費
  • 企画手配料(旅行業務取扱料金)

料金に含まれないもの

  • 日程に記載のない食事代
  • 観光施設入場料
  • 任意の国内旅行傷害保険

※当初の予定では姫路城をプランに入れようと検討しましたが、姫路城にはエレベーターがありませんので天守閣へは階段のみとなってしまいます。車椅子での見学ルートは、本丸にあたる備前丸ルート、西の丸ルートの2ルートがありますが天守閣には登ることができません。外観の見学ルートはどちらも段差はなく舗装されていますが、勾配が急なので介助者1人では押し上ることがかなり厳しいと思われます。お足元の悪い方は遠景のみを見て頂く形になってしまうので、今回は行程から外すことにいたしました。悪しからずご了承ください。

※京都はお寺や神社の階段や段差が多いイメージですが、お足元の悪い方でも安心して観光できるプランをご提案しますので、ご安心ください。なお、京都の最大のバリアは「混雑」です。人込みに遭遇しないように注意して行程を組みます。

※倉敷美観地区には段差や勾配はありません。歩行距離も短いのでご安心ください。大原美術館内は車イスの貸し出しもあります。

※小豆島はお足元が悪い方でも安心して散策できる場所を選びます。寒霞渓のロープウェイは麓駅に50段以上の激しい階段があるので杖や車イスユーザーの方には厳しい状況です。寒霞渓は車でもアクセスできますので観光タクシーでドライブする予定です。

※栗林公園は敷地が広いので歩行に自信のない方が多い場合や天候が悪い場合はパスします。本当に素晴らしい公園ですが雨が降ったり日差しが強いとなかなか大変です。栗林公園を楽しみにされている方がいらっしゃいましたら、事前にお知らせください。プランに組み入れます。

お客様へのお願い

通常の団体ツアーと異なり、臨機応変な対応をしたいと考えております。行きたい観光箇所がありましたら、どうぞ事前にお知らせください。ご相談させて頂きながら日程に取り入れて参ります。

お足元の悪いお客様へ

杖をご利用になられているやご高齢の方で配慮が必要な方は、どのような配慮が必要かなど、できるだけ詳しくお知らせください。現地観光地での歩行距離や坂道、お足元の状況などは個別にご案内させて頂きます。

お一人での参加も大歓迎です

参加をご希望、ご検討頂けるお客様へ

瀬戸内の旅にご興味をお持ち頂きましてありがとうございます。まだ企画立案の段階で、くらぶベルテンポ会員さま、ベルテンポファミリーの皆さまにお声がけをしている段階です。ベルテンポの旅はさまざまな方が参加されるのであまり細かく決めすぎてしまっても、参加される方のお体のご様子で行程の全面修正をする必要があります。旅が先にあって、参加者がそれに合わせるのではなく、興味をお持ちいただいたメンバーの方の個性や興味をお伺いしながら、旅を具体的にプランニングして参ります。できるだけ早めに「興味がある」と手を挙げて頂けますと幸いです。