秋の倉敷と瀬戸内海を訪ねます。今回は、日本で最初に世界遺産に認定された、国宝姫路城にも訪れます。縄張りの匠さに加え、現在、日本の城の中で最も建築物が残っている城と言ってよく、その見どころを歴史ファンの目線で解説し、とてもわかりやすく、ユニークなガイド方法で私たちを楽しませてくれます。倉敷ではぶらタモリでも紹介された美観地区をゆっくりと歩きます。秋風に揺れる柳並木と白壁の土蔵、そして倉敷川では船頭さんが漕ぐ観光舟で水上から倉敷の景観を楽しむことができます。ホテルは美観地区から徒歩3分程の場所にありますから、有名な美観地区の夜間ライトアップも見ることができます。

翌日は、瀬戸内海をドライブ、観光しながらフェリーにて小豆島へ渡ります。小豆島はどこを切り取っても絵になる風景ばかり。そして、そうめん、オリーブオイル、お醤油などの工房もあります。寒霞渓は紅葉の見頃を迎えます。ロープウェイで山頂を目指しましょう。

最終日、高松では特別名勝に指定される「栗林公園」へ。100年以上かけて造園された国の特別名勝で散策と昼食を予定しています。この時期は紅葉を美しく照らすライトアップもされています。また、船上から園内を鑑賞できる、南湖周遊和船(なんこしゅうゆうわせん)も乗船してみましょう。

当企画旅行は、4名のお客様から手を挙げて頂いてからの手配着手となります。12月初旬は紅葉時期で混雑が予想されますので興味のある方はお早めにお知らせい頂けますと助かります。

 

 
日時 2019年12月01日(日)~12月04日(水)
期間 3泊4日間
料金 298,000円
訪問都市
利用新幹線 東海道新幹線のぞみ号/復路は航空機利用
出発地 JR東京駅
募集人数 6人
最小催行人数 4人

国宝 姫路城

歴史的に貴重であることはもちろんですが、姫路城のポイントはその美しさにあります。
姫路城は、シラサギが羽を広げたような優美な姿から「白鷺城(はくろじょう・しらさぎじょう)」の愛称で古くから人びとに親しまれてきました。鮮やかな白の城壁、精巧に建てられている大天守の美しさは、たしかにほかの城とは一線を画す見事さです。

姫路城散策を楽しむためにつくられたアプリもあります。近年話題のARやCGといった最先端の技術を使ったこのアプリは、城内の様々なポイントに設置されている看板にスマホをかざすと、そのポイントの解説動画が流れるなど、素敵なことが何か起こります。

こんな魅力溢れる姫路城をゆっくり見学しますが、天守閣へは階段のみとなりますので、足元の悪い方は全景をお楽しみください。

※姫路城にはエレベーターがありませんので天守閣へは階段のみとなります。車椅子での見学ルートは、本丸にあたる備前丸ルート、西の丸ルートの2ルートがございます。どちらも段差はなく舗装されていますが、勾配が急なので介助者1人では押し上ることがかなり厳しいと思われます。お足元の悪い方は遠景を見て頂く形になります。悪しからずご了承ください。


倉敷 歴史ある風景 美観地区

美観地区とは、江戸幕府の直轄地、天領であり、輸送物質の積載地として栄えた街です。明治期には倉敷紡績が繊維産業で降盛、街の発展に貢献しました。町家や白壁の蔵を中心とする街並みなどがエリアの大部分が重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

美観地区は半日から一日あれば充分に観光できる広さです。人気の雑貨店やグルメ、土産店には岡山メイドのものがずらりと並びます。個人的にお勧めなのは、有鄰庵というカフェの”しあわせプリン”!にっこり笑顔になれますよ。

 

 

 

 

 

ここ有燐庵では、伝統体験やお食事ができるカフェもあります。伝統体験はとても珍しい”玉島だるまの絵付け体験”や”国産ひのきのお箸作り体験”があります。是非チャレンジを!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【有燐庵】https://yuurin-an.jp/cafe/

美観地区、ゆっくりとそぞろ歩きを楽しんで下さい。


世界のアートを間近で体験 大原美術館

倉敷の実業家・大原孫三郎が設立した日本で最初の西洋美術館。3館からなり、エル・グレコやモネ、ゴーギャン、児島虎次郎など国内外の名作が見られます。


瀬戸内海の絶景を望むドライブ

三日目は観光タクシーにて瀬戸内海を望む絶景をドライブします。中でも鷲羽山展望台は瀬戸大橋の雄姿を見渡せる絶景スポット。ダイナミックな大橋と遠くに浮かぶ小島、行き交う船の景色に心が洗われます。展望台へ行く途中には「児島ジーンズストリート」があります。フォトジェニックなジャパンジーンズの聖地で面白いのでちょっと立ち寄って見ましょう。


小豆島での島時間

自然豊かな小豆島は思わず写真を撮りたくなる景色の宝庫です。ここでは、二十四の瞳映画村、醤の郷を始め、日本三大渓谷美、寒霞渓ではロープウェイで山頂から楽しみます。


名作の世界へ!二十四の瞳映画村

映画、二十四の瞳のロケセットを改装。島の風景に馴染む木造校舎や映画館、懐かしの給食が味わえる空間に心からほっこりすることでしょう。


高松 特別名勝 栗林公園の散策

100年以上かけて造園された日本庭園。ここ特別名勝である、栗林公園で散策とグルメを楽しみましょう。


  • 1日目
    1

    10:00頃 JR東京駅 出発
     ↓のぞみ号(予定)車内にて駅弁昼食
    12時頃 JR姫路駅 到着
    着後、大きな荷物を駅ロッカーに預ける。
    タクシーにて姫路城へ(10分弱)
    姫路城 到着
    見学/ボランティアガイドさん案内の元、国宝姫路城を見学します。

    見学後、周辺のお茶屋さんで一休み。

    朝: 昼: 夜: 姫路市内 宿泊
  • 2日目
    2

    ② ホテルから観光タクシーを貸し切り、倉敷へ。タクシー貸切代 1時間8,000円
    所用約1時間30分/高速料金2550円
    倉敷では、美観地区を中心に観光

    美観地区に近いホテルまたは旅館 
    チェックイン夕方まで一休み

    ホテルにて夕食

    夕食後、元気があれば、美観地区のライトアップ見学へとても綺麗です。   

    朝: 昼: 夜: 倉敷国際ホテル
  • 3日目
    3

    本日は観光タクシーを1日貸切にして観光

    瀬戸内海のドライブ(鷲羽山展望台)&小豆島へ。

    小豆島24の瞳の舞台。記念館はとてもいい。

     

    朝: 昼: 夜: 小豆島 宿泊
  • 4日目
    4

    朝、小豆島からフェリーで高松へ向かいます。フェリー乗り場から栗林公園へ。紅葉に染まる特別名勝”栗林公園”の散策。昼食は園内のレストランで頂く予定です。

    市内からリムジンバスにて高松空港へ。

    高松ー羽田(17:40-18:55) ANA538便予定

    朝: 昼: 夜:

利用になる宿泊地

現地での移動交通手段

少人数での旅行となりますので、現地では貸切バスではなく、タクシーやシャトルバスなどを利用して移動することがあります。一般的な団体ツアーと異なり大型バスでの移動ではありません「こういった変化が楽しい」とおっしゃってくださるお客様も大勢いらっしゃいますので、ご理解を頂けましたら幸いです。

298,000円 /大人お1人様

手配確定後に参加費用が確定となります。
企画手配旅行のため、ご了承下さい。現在の提示料金は参考価格としてご案内しています。大きく変更となることはないと思いますが、この点をご承知おき下さい。

※姫路城にはエレベーターがありませんので天守閣へは階段のみとなります。車椅子での見学ルートは、本丸にあたる備前丸ルート、西の丸ルートの2ルートがございます。どちらも段差はなく舗装されていますが、勾配が急なので介助者1人では押し上ることがかなり厳しいと思われます。お足元の悪い方は遠景を見て頂く形になります。悪しからずご了承ください。

※倉敷美観地区には段差や勾配はありません。歩行距離も短いのでご安心ください。大原美術館内は車イスの貸し出しもあります。

※小豆島はお足元が悪い方でも安心して散策できる場所を選びます。

※栗林公園は敷地が広いので歩行に自信のない方が多い場合や天候が悪い場合はパスします。

お客様へのお願い

通常の団体ツアーと異なり、可能な限り現地で臨機応変な対応をしたいと考えております。行きたい観光箇所がありましたら、どうぞ事前にお知らせください。可能な限り、日程に取り入れて参ります。

お足元の悪いお客様へ

杖をご利用になられているやご高齢の方で配慮が必要な方は、どのような配慮が必要かなど、できるだけ詳しくお知らせください。現地観光地での歩行距離や坂道、お足元の状況などは個別にご案内させて頂きます。

お一人での参加も大歓迎です

参加をご希望、ご検討頂けるお客様へ

瀬戸内の旅にご興味をお持ち頂きましてありがとうございます。まだ企画立案の段階で、くらぶベルテンポ会員さま、ベルテンポファミリーの皆さまにお声がけをしている段階です。ベルテンポの旅はさまざまな方が参加されるのであまり細かく決めすぎてしまっても、参加される方のお体のご様子で行程の全面修正をする必要があります。旅が先にあって、参加者がそれに合わせるのではなく、興味をお持ちいただいたメンバーの方の個性や興味をお伺いしながら、旅を具体的にプランニングして参ります。できるだけ早めに「興味がある」と手を挙げて頂けますと幸いです。