くらぶベルテンポ会員のA田鉄子様より長年に渡り頂いておりましたご希望、「五所川原の立佞武多が観たい!」でしたが、

昨年も一昨年も宿泊施設の手配がまったくできず、涙を飲んでおりました。ところがなんと、今年は日本旅行さんのご尽力で五所川原のホテルを確保できました!日本旅行さん、ありがとうございます。

今回の旅は新幹線で新青森に入り、鉄道を乗り継いで五所川原へ。初日は五所川原泊。(夜、花火開催予定)2日目は津軽鉄道に乗車の後、立佞武多の館で出陣前の立佞武多を鑑賞してから夜、圧巻の五所川原の立佞武多運行を鑑賞します。3日目は十二湖青池などを鑑賞して秋田から新幹線で東京に戻ります。

 

とは言え、確保できた部屋も最小限ですので、これからの参加ご希望は原則、男女別相部屋となりますことをご了承の上、お申込みください。

 
日時 2019年08月03日(土)~08月05日(月)
期間 2泊3日
料金 238,000円
訪問都市 五所川原・十二湖
利用航空会社 JAL
出発地 羽田空港
募集人数 5人
最小催行人数 3人

五所川原の立佞武多鑑賞

東北三大祭りと言うと、仙台の七夕、青森のねぶた、弘前のねぷたが有名ですが、私たちベルテンポでは、規模は小さいものの、ここ五所川原の立佞武多をイチオシします。

その理由は、五所川原は街がとても小さいので混雑の度合いが他の東北夏祭りに比べると比較的マシで(とは言え混雑はします)、歩道、車道とも狭く、人混みで何も見えないということはありません。

それに立佞武多は高さが半端ないので、車イスに座ったままでも圧巻の佞武多の運行を身近に体感することができます。車イスに腰かけていて、前に他の人に立たれてしまうとどうにもなりませんが、五所川原ではそのような心配がないのです。

 


五所川原立佞武多の鑑賞スポット

五所川原の立佞武多は立佞武多の館から出発します。一年に一度、この時期だけ館から出陣するその瞬間をみようと大勢の方が押し寄せます。

私たちは運行区間のちょうど中間地点辺りで鑑賞する計画を立てています。この場所には仮設ながら多目的トイレが設置されるので、お足元の悪い方でも安心です。最前列の確保はできない可能性が高いですが、車イスに腰かけたままでも十分鑑賞に堪える場所を確保致します。杖などを使い、「立ったままの鑑賞」は大変な方もいらっしゃいますので、鑑賞中(2時間程度)腰かけることができるように段取りを組みますので、どうぞご安心ください。お手洗いとイスは確保致します。


立佞武多運行中の交通規制と当日の夕食、寒さ対策

立佞武多の運行日は交通規制が掛かります。この日は早めの時間から会場近くに入り、規制が掛かる前に観賞場所近くまで移動します。日が暮れると急に寒くなりますので上着など防寒対策もお願いします。場合によってはホカロンが恋しくなるくらい、冷え込むこともあります。雨天の場合でも開催されることがありますので、カッパなど雨具のご準備もお願いします。夕食は会場付近にある夏祭りの屋台であれこれ買って、お祭り気分を楽しみましょう、近くにはコンビニもあります。


津軽鉄道の体験乗車

2日目の午前中は津軽五所川原から津軽中里まで、津軽鉄道の体験乗車をお楽しみください。(津軽五所川原駅は跨線橋のみでエレベーターがありません。お足元に不安がある場合は、金木から津軽中里の往復に変更致します。この両駅は階段がなく、ホームから直接、列車に乗車できます。

津軽鉄道にはストーブ列車として使われている旧型客車がありますが、夏まつり期間中はイベント列車として運行することが決まりました。私たちはディーゼルカーへの乗車となります。


津軽弁での地元の方とのふれあい

以前、津軽鉄道に乗車した際の写真です。途中の駅からおばあちゃんがひとりで乗ってこられ、津鉄のアテンダントの女性と言葉を交わしていたのですが、フランス語をしゃべっているのかと思うくらい、何も聞き取れませんでした。まだフランス語のほうが理解できるかも知れません。

そんな、恐らくは世界一難解な津軽弁を聴けると良いですね。


津軽三味線

旅行中、どこかのタイミングで津軽三味線の生演奏を聴きたいと計画しています。どんな音楽もライブに勝るものはありませんが、津軽三味線の迫力は生で聴いていただくのがいちばんです。


五能線・キハ40

五能線は昭和50年代は蒸気機関車が走るローカル線として脚光を浴びました。今は1両編成のディーゼルが走っていますが、海岸すれすれのところに線路があり、風光明媚です。

今回は、

十二湖駅12:13発~艫作12:33~深浦12:49~驫木13:05~千畳敷13:20着の列車に乗りたいと計画しています。

列車内にはトイレがあります。

 


青池

十二湖の中で神秘的な色で観光客を魅了する「青池」。アオ―ネ十二湖の先にある駐車場から徒歩で片道20分ほどの距離にあります。

途中、多少の坂、そして最後、青池の展望所まで15段ほどの木道の階段があります。立位が取れない方には厳しい場所ですが、ゆっくりと支えがあれば階段を登れるという方は、ぜひチャレンジしてみてください。階段を頑張る価値は充分にあります。

駐車場に併設された売店に多目的トイレがあります。


  • 1日目
    1

    <飛行機利用の方>

    羽田空港09時55分<JAL143便>青森空港11時10分

    <大宮から新幹線利用の方>
    大宮駅09時06分<はやぶさ7号>新青森駅11時51分
    ※新幹線は発売が1か月前ですので、列車が多少前後することがあります。

    着後、弘前に向かいます。
    弘前では名物アップルパイの食べ比べはいかがでしょうか。お店によって味が違い、それぞれの好みで「あなたの一番」を決めて下さい。

    五所川原に向かい、ホテルにチェックインします。

    夕食はホテルを予定していますが、花火大会の時間によっては外食となることがあります。。お疲れでなかれば五所川原の花火大会を鑑賞しましょう。(桟敷席などが確保できないので、地元の方と一緒に河川敷などからの鑑賞となります。)

    朝: 昼: 夜: 五所川原温泉ホテル(和室)
  • 2日目
    2

    朝食はホテルにて

    ホテルを出発し、津軽五所川原駅から津軽鉄道にて津軽中里駅へ。

    津軽五所川原駅10:00<津軽鉄道>10:47津軽中里駅
    津軽中里駅11:27<津軽鉄道>12:04五所川原駅 予定

    津軽五所川原駅の跨線橋利用が難しい場合は、隣の十川駅(無人駅)から乗降するか、又は中間駅の金木駅(平面ホーム・線路横断可能)を利用します。別途、お打合せ致します。

    昼食後、金木の津軽三味線博物館を見学

    午後、五所川原の立佞武多の館へ。

    夕刻より五所川原立佞武多の運行を鑑賞します。この日の夕食は準備していませんので、夏祭りの屋台などで色々と買いながら食べましょう。
    交通規制が解除になり次第、専用車にて十二湖へ向かいます。(アオ―ネ十二湖宿泊)

    ホテル到着は21時を目標に移動しますが、多少遅くなることがあります。

     

    朝: 昼: 夜: アオーネ十二湖白神(予定)
  • 3日目
    3

    ホテルにて朝食。

    午前中、お元気な方は青池まで散策しましょう。(車イスでもOK)

    五能線は、
    十二湖駅12:13発~艫作12:33~深浦12:49~驫木13:05~千畳敷13:20着の列車に乗りたいと計画しています。

    <大宮から新幹線利用の方>
    新青森駅17時22分<はやぶさ34号>大宮20時06分
    ※新幹線の時間は予定便です。時間が前後することがあります。

    <飛行機の方>
    青森空港17時05分<JAL148便>羽田18時20分

    ※帰りは空港を経由してから新青森駅に行くか、先に新青森駅を経由して空港へ向かうか、乗務員と相談して決定致します。

    朝: 昼: 夜:

利用になる宿泊地

五所川原温泉ホテル

五所川原市内にある天然温泉の宿。大浴場のみとなりますが天然の温泉です。部屋は和室です。

アオ―ネ十二湖白神

十二湖にほど近い場所にある総合リゾート施設。コテージを利用する予定です。到着が遅いので夕食はなく、朝食のみとなります。洋室です。

現地での移動交通手段

少人数での旅行となりますので、専用車を利用しますが、福祉車両ではございません。8人乗りの車を予定しています。

238,000円 /大人お1人様

料金に含まれるもの

  • 羽田ー青森 往復航空運賃(エコノミークラス)
  • 宿泊費用(2泊)
  • 食事代(1日目夕食・2日目朝食・3日目朝食)
  • 現地での移動に関わる専用車などの費用
  • 企画手配料・旅行業務取扱費用
  • 添乗員同行費用
  • 受注型企画旅行実施に伴う、特別保証規定の保険料

料金に含まれないもの

  • 日程に記載のない食事代
  • 観光施設入場料
  • 現地でのオプショナルツアー代金など
  • 個人的諸費用(飲み物、お土産など)
  • 任意の国内旅行傷害保険

五所川原の宿が和室のみです。この時期は夏祭りでどこの宿泊施設も大変混み合い、青森駅前のアパホテルが8平米の部屋で4万円超えの価格を設定しているほどです。2泊目も市内での宿泊施設確保は困難で、五所川原から70キロ離れた十二湖付近での確保が出来たのも、ほぼ奇跡です。

このため、バリアフリーに充分対応した企画ではないことをご理解頂けましたら幸いです。

今回は車イスユーザーの会員様からのリクエストですので、現地での移動や観光の際のバリアフリーには配慮しております。ご安心ください。

※不特定の方に向けた企画募集ではないため、十分な配慮ではないことをご理解ください。

お客様へのお願い

お天気によって行程が左右される場合があります。雨で風邪をひいてしまってはいけないので、無理のないように現地で旅程を検討します。

お足元の悪いお客様へ

現地観光地での歩行距離や坂道、お足元の状況などは個別にご案内させて頂きます。

お一人で参加を希望される方へ

宿泊施設が大変混雑しており、1名1室利用の設定はございません。

参加をご希望、ご検討頂けるお客様へ

当企画は満席となりました。これから先、ご興味がある方はお問合せください。