昭和58年に運行を開始したサロンカーなにわ。数々の団体臨時列車として活躍して来ました。とりわけ、私が以前勤務していて、日本旅行には鉄分の濃い諸先輩方が多く、「この企画、良く社内稟議が通るなあ」というおもろい企画を連発して、ヒットさせてきました。今回の企画は、ベルテンポ代表高萩がその昔勤務していた、小田急電鉄の後輩諸氏で旅と鉄道をこよなく愛するメンバーで、なんとサロンカーなにわを一編成借り上げてしまうという企画です。それも大阪駅から岡山経由で瀬戸大橋線を渡らせてしまい、高松までの往復。
サロンカーなにわに旅情を感じる方へのプレゼントです。

この企画は不特定多数の方に販売する「募集型企画旅行」ではありません。くらぶベルテンポ会員の方、ベルテンポカレッジの塾生、パトロンの方、共創チームメンバーの方、小田急電鉄勤務の方向けのイベント告知です。ツアー募集ではございません。(代表高萩と面識がある方は別途、ご連絡ください)

日時 2018年11月18日(日)~11月18日(日)
期間 日帰り
訪問都市 高松
利用バス会社
出発地 JR大阪駅

サロンカーなにわ

14系客車を改造したサロンカーなにわ。旧国鉄時代の昭和58年にデビューしました。分割民営化後はJR西日本の団体貸切列車として広く活躍しています。
7両編成の両端はスロフ14、中間車両がオロ14の700番台ですべてグリーン車扱いとなります。それまでのお座敷列車とは異なり、2名掛け、1名掛けの座席が設置されているのが特徴です。1編成の定員は200名です。2017年の12月には日本旅行が企画した「サロンカーあさかぜ」が大阪ー下関間を運行し好評を博しました。

客車列車が瀬戸大橋を横断すると言う今回の大阪ー高松間の運転は、恐らく今回限りのかなりマニアックな運行経路になることでしょう。


  • 1日目
    1

    「サロンカーなにわ」での一日を過ごします。

    ※集合時刻、解散時刻はお申し込みを頂いた方に別途ご連絡致します。
    ※東京など大阪以外からのご参加は、大阪駅周辺で前後の宿泊が必要になります。
    ※この企画に合わせて東京から大阪への臨時夜行バスを運行します。
    ※当日中に東京へ戻る必要がある方は、帰路、岡山駅で下車が可能です。

    ※撮り鉄の方の、運行ダイヤなどのお問合せはご遠慮くださいますよう、お願い致します。

     

    朝: 昼: 夜:

利用になる宿泊地

サロンカーなにわは昭和の客車列車ですので、バリアフリー対応ではありませんが、車イスを折り畳んで収納し、座席に自力で移ることが出来る方は問題なくご乗車頂けます。お手洗いは洋式ですが、一般的な狭めの個室です。客車の入り口に2段のステップがあります。

お客様へのお願い

旅と鉄道をこよなく愛する有志による企画です。募集型企画旅行ではございません。不特定の方への販売は行っておりません。メンバー限定とさせて頂いております。くらぶベルテンポ会員の方、ベルテンポカレッジ塾生、パトロンの方、共創チームメンバー、小田急電鉄の方がお申込頂けます。

お足元の悪いお客様へ

杖をご利用になられているやご高齢の方で配慮が必要な方は、どのような配慮が必要かお知らせください。

お一人で参加を希望される方へ

お一人様の参加、大歓迎です。

参加をご希望、ご検討頂けるお客様へ

くらぶベルテンポ会員の方、ベルテンポカレッジ塾生、パトロンの方、共創チームメンバーの方、小田急電鉄の方で参加希望の方は、メールフォームからご連絡ください。高萩徳宗のメールマガジンの読者の方、講演や研修を受講して下さった方、高萩徳宗の書籍をお読み頂いたことのある方で、参加希望の方はお問合せください。