New!! 8/30  

行程が確定いたしました。今回は初日に天橋立へ向かい1泊します。翌日、知る人ず知る観光スポット伊根を時間をかけて巡ります。いつもと違った京都企画を是非ご体験下さい。また、一生に一度はお参りをしたいと言われる元伊勢籠神社もお参りします。神水を頂くことができる真名井神社にも参ります。今回の京都企画はくらぶベルテンポ会員様限定企画です。会員でないお客様は、くらぶベルテンポ会員登録後にお申し込みをお願い致します。

*残席4席となりました(8/31現在)

*天橋立と伊根を日程に組み込んだため、出発日を11月8日から11月7日に変更しました。11月7日発の3泊4日(天橋立1泊、京都市内2泊)です。

お待たせいたしました。京都企画のプランが確定しましたのでご案内致します。今回は、いつもの京都企画とは少し趣を変え、日本三景とされる天橋立やNHK「ええにょうぼ」の舞台にもなった伊根の舟屋にも訪れます。天橋立までは、人気観光列車「丹後鉄道」に乗車。海の上をまっすぐと延びる橋の上を走る景色は絶景です。天橋立では、真名井神社の神水を汲みましょう。多くの著名人、スポーツ選手がご利益を受けに訪れるパワースポットです。「そうだ、京都に行こう」のCMで有名になった瑠璃光院では、磨かれた黒テーブルに映るもみじがとても綺麗です。心を整える写経も体験頂くことができます。もちろん、京都市内の散策、お買い物も外しません。今回もベルテンポらしい京都の旅をご提案致します。

★当企画旅行は”くらぶベルテンポ会員様限定”とさせて頂きます★

今回、京都市内の宿泊先は、HP上ではご案内ができません。特殊な手配をしています為、ベルテンポの旅の趣旨をご理解頂いている会員様限定の企画とさせて頂きます。宿泊ホテルは洋室のお部屋をご用意しています。館内には大浴場もあり、岩盤浴もあります。とても気持ちがいいです。また、朝食は和食、洋食のブッフェですが、1品1品がとても美味しいです。ベルテンポスタッフが自信を持ってお勧めする朝食です。とても明るく清潔なこのホテルに2連泊、もう1泊は天橋立の温泉宿に宿泊します。こちらも洋室のお部屋をご用意していますが、洋室3部屋、和室2部屋と洋室に限りがありますので、ご希望の方はお早めにお申し込みをお願い致します。

今回の京都旅行は紅葉には少しだけ早い季節に訪れますが、観光客も比較的少ない時期のため、ゆっくりと京都と天橋立を楽しんで頂けることと思います。皆さまのご参加をお待ちしております。

 

 
日時 2018年11月07日(水)~11月10日(土)
期間 4日間
料金 258,000円
訪問都市 天橋立/京都
利用新幹線 東海道新幹線
出発地 JR東京駅/各地より
募集人数 10人
最小催行人数 6人

源光庵

迷いの窓と悟りの窓で有名な源光庵。静寂に包まれる空間であなたはどちらの窓と向き合いますか?静かな空間に包まれる庭園も素敵です。本堂入り口に2段の段差があります。お堂内では、椅子に腰をかけながら2つの窓と向き合うことができます。11月は紅葉時期の為、多少の混雑を予想しています。


元伊勢籠神社

籠神社は伊勢神宮の元宮として知られていることから「元伊勢籠神社」と呼ばれ、“お伊勢さんのふるさと”として親しまれています。なぜ、籠神社が伊勢神宮のふるさとと呼ばれるのかと言いますと伊勢へ鎮まる前の天照大神が安住の地を求め、各地を回られた歴史にさかのぼります。崇神天皇の時代、倭の国笠縫邑(かさぬいのむら)から出発をした天照大神がはじめて巡幸された神社が真名井原の地(現在の籠神社の奥宮真名井神社)でした。そこで、天照大神は真名井原の地にはるか昔から祀られていた豊受大神とともに4年間祀られます。その後、天照大神は11代垂仁天皇の時代豊受大神は21代雄略天皇の時代にそれぞれ伊勢に移っていきました。

このように、伊勢へ鎮まるまでに一時的に天照大神を祀った土地を“元伊勢”と呼びます。
その中でも籠神社は、伊勢神宮の神々がこの地から移られたことから元伊勢の中でも格式が高く“伊勢のふるさと”と呼ばれ、親しまれているのです。その証に、伊勢神宮と同様の「唯一神明造り」という格式の高い建築様式が境内に残っています。つまりここは、日本一のパワースポットとして有名な“伊勢神宮”の原点となる場所として、全国から多くの参拝者が訪れる注目のスポットとして知られています。本殿で是非見ていただきたいのが、欄干にある五色(青・黄・赤・白・黒)の『座玉(すえたま)』座玉(すえたま)は
玉ねぎみたいな形をしていますよ。これらは日本建築史上で特に貴重なもので、
伊勢神宮と元伊勢籠神社にしか許されていないんです元伊勢籠神社の本殿の作りも、
《唯一神明造り》という伊勢神宮と同じ格式高い建築様式です。

元伊勢籠神社は、過去のわだかまりを流して心の曇りを祓ってくれる神社です。

・心の曇りをとりたい
・過去から解放されたい
・自分をリセットしたい
という願望をお持ちの方、是非ご一緒しましょう。

 


伊根の舟屋

舟屋は伊根湾の海面にせり出して建築されていて、1階に船揚場、物置、作業場があり、2階が居室となっている住居のことを言います。湾を取り囲むように立ち並ぶ舟屋を総じて「舟屋群」とも呼ばれており、海から見る舟屋群の景観や、民宿として営業している舟屋から見る海の景観は、伊根町の代表的な観光資源とされている。また、近年では伊根町内での『釣りバカ日誌5』、『連続テレビ小説 ええにょぼ』のロケ地としても知られています。


伏見稲荷大社

「お稲荷さん」で親しまれている稲荷神社。「稲荷大明神」という日本の神さまをお祀りしています。朱色の鳥居と、白いキツネがシンボルの神社。稲荷神社は全国に約3万社もありその総本社つまり一番えらい稲荷神社が京都市伏見区にある「伏見稲荷大社」です。赤い千本鳥居が有名ですがこの他にも強力なパワースポットがあります。その一つに伏見稲荷大社本殿から千本鳥居を経て、奥社奉拝所(奥院)のさらに先に、「伏見神寶(かんだから)神社」があります。ほとんどの参拝者が気づくことなく素通りしてしまいますが、実は『竹取物語』のゆかりの地。千代紙の人形に願いごとを書き込む“叶雛(かなえびな)”の信仰がある強力なパワースポットです。

叶雛(かなえ雛)

奥の院にあるおもかる石とキツネの絵馬。千本鳥居を進むと奥の院に到着。かわいいキツネの絵馬がずらーーっと並んでいます。皆さん自由に顔を描きこんでいて、面白いですね。そして、ここには「おもかる石」という顔の大きさくらいの石があります。このおもかる石は、叶えたい願いを頭に思い浮かべながら石を持ち上げて、その時にこの石を重いと思うか、軽いと思うか、というもの。思っていたより軽いと感じたら願いが叶い、重いと感じたら願いがかなうのは難しい、と言われています。奥の院まで行ったら是非持ち上げてみてくださいね。

センスの発揮どころです

 

 


大原三千院

京都市内から少し離れた大原の里にある三千院。風格のある門跡寺院や本堂の往生極楽院(おうじょうごくらくいん)金色に輝く阿弥陀三尊像(国宝)のお姿があり、慈悲深いお顔に心が和むことでしょう。寺院敷地には苔が美しい2つの素晴らしい庭園があります。往生極楽院の裏手に、写真のような可愛いお地蔵さんがいらっしゃいます。首をかしげていたり、仲良く寄り添ったり、足をバタつかせて駄々をこねているような仕草のお地蔵さんも。みんなで6体のお地蔵さんがいらっしゃいます。


知恩寺

天橋立フェリー乗り場のすぐ横、宿泊ホテルからも徒歩3分の場所にある知恩寺は、日本三文殊のひとつで通称切戸(又は九世戸)の文殊堂として知られている文殊菩薩の霊場です。智恵を授かる文殊さんとして有名で、受験や資格試験などの受験生やその御家族がお参りに来られます。茶屋通りに面する山門は、黄金閣とも呼ばれる市の指定文化財で、楼上に釈迦如来を中央に両脇士・十六羅漢を安置する、禅宗様式・三間三戸二重門の丹後地方最大の山門です。

九世戸縁起
日本の国土創生の時、この地で暴れていた悪龍を鎮めるため中国から智恵第一の仏様で、龍神の導師である文殊菩薩を招請され、悪龍を教化されたと伝えられています。


  • 1日目
    1

    09:40 東京駅 出発
      ↓のぞみ219号予定
    11:58 京都駅 到着(車内で各自昼食)
    12:25 京都駅 出発
       ↓はしだて5号
    14:32 天橋立駅 到着(徒歩5分程度)
    15:00 ホテルチェックイン
    夕方、元気な方はホテル目の前にある天橋立での夕景散策や知恩寺でのお参りなど。ホテルの目の前には回旋橋もあり、ユニークな光景を見ることができます。
    18:00 夕食     

    朝: 昼: 夜: 天橋立温泉 対橋楼
  • 2日目
    2

    09:00 ホテル 出発
         ↓専用車
    09:30 伊根へ 伊根の舟屋観光

    12:30 伊根で昼食後、専用車で天橋立へ。

    14:00 専用車にて天野橋立観光
    *元伊勢籠神社は一生に一度は行っておきたい神社です。*真名井神社(まない神社)
    15:31 天橋立駅 出発
    ↓丹後あかまつ4号(火曜、水曜は運休)
    16:27 西舞鶴駅 到着

    16:33 西舞鶴駅 出発
        ↓まいづる12号(京都駅行き)
    18:08 京都駅 到着
    着後、駅周辺で夕食
    食後、タクシーにてホテルへ。

    20:00 ホテルチェックイン。
    大浴場で汗を流し、ロビーラウンジでウェルカムドリンクの乾杯を。

    朝: 昼: 夜: 京都市内ホテル(洋室)
  • 3日目
    3

    10:00 ホテル出発
    伏見稲荷大社で千本鳥居・叶雛・キツネ絵馬

     

     

     

     

     

    途中、甘味屋さんで軽めの食事

       ↓専用車
    大原三千院 参拝。ゆっくり過ごします。

    16:00 大原三千院周辺にて早めの夕食

    17:45~ 大原宝泉院の夜灯り 鑑賞

    20:00頃 ホテル到着 予定

    大浴場で汗を流し、ロビーラウンジでウェルカムドリンクの乾杯を。

    朝: 昼: 夜: 京都市内ホテル(洋室)
  • 4日目
    4

    朝食後、京都市内の観光へ。

    09:30 ホテル 出発
        ↓専用車にて
    専用車にて源光庵へ(二つの窓と血天井)参拝後、虎屋菓寮(御所近く)にてお茶休憩(お昼・自己負担)途中、京土産をみましょう。

    16:45 京都駅 到着
    16:05 京都駅
       ↓ のぞみ238号予定
    18:23 東京駅 到着 

    朝: 昼: 夜:

利用になる宿泊地

天橋立温泉 対橋楼

絶好のロケーションにあるこのホテル。「天橋立」は外から見るだけではなく、中は遊歩道となっておりのんびり散歩ができます。中には「天橋立松並木」や「天橋立海水浴場」などあり、京都宮津の自然を満喫することができます。ホテルは天橋立の入り口とも言える「回旋橋」の目の前にあり「天橋立海水浴場」も歩いて行くことができます。和モダンな洋室のお部屋からは窓を開ければ美しい水面を照らし出す天橋立の運河がご覧頂けます。

 

現地での移動交通手段

少人数での旅行となりますので、現地では貸切バスではなく、タクシーやシャトルバスなどを利用して移動することがあります。一般的な団体ツアーと異なり大型バスでの移動ではありません「こういった変化が楽しい」とおっしゃってくださるお客様も大勢いらっしゃいますので、ご理解を頂けましたら幸いです。

258,000円 /大人お1人様

●JR東京駅発着の参加費用です。
 その他、主要駅からご利用の方はお問い合わせ下さい。

●1人部屋利用追加代金は宿泊先と調整中のため、利用をご希望のお客様は
 お手数ですが、ベルテンポまでお問い合わせ下さい。

●今回、全日において昼食代は含まれておりません。昼食は甘味屋さんなどで軽めに各自、食べたいものを召し上がって頂くスタイルを取りたいと思います。
 その為、昼食代は現地でのお支払いをお願い致します。

料金に含まれるもの

  • 東海道新幹線のぞみ号(普通車指定席)/宿泊費用(朝食付き)/企画手配料金/添乗員同行費用

料金に含まれないもの

  • 日程に記載のないお食事代/現地交通費/任意の国内旅行保険代/集合場所までの交通費/観光入場料金・拝観料/1人部屋利用追加代金

お客様へのお願い

通常の団体ツアーと異なり、可能な限り現地で臨機応変な対応をしたいと考えております。行きたい観光箇所がありましたら、どうぞ事前にお知らせください。可能な限り、日程に取り入れて参ります。

お足元の悪いお客様へ

杖をご利用になられているやご高齢の方で配慮が必要な方は、どのような配慮が必要かなど、できるだけ詳しくお知らせください。現地観光地での歩行距離や坂道、お足元の状況などは個別にご案内させて頂きます。

お一人で参加を希望される方へ

今回利用する高級ホテルは客室代が高く、お一人部屋追加代金がとても高くなってしまいます。 大変心苦しいのですが、ご理解を頂けましたら幸いです。

参加をご希望、ご検討頂けるお客様へ

この旅行にご興味をお持ち頂き、参加をご希望頂けます場合、メールや電話でご一報頂けましたら幸いです。 飛行機の座席は団体枠ではなく、個人枠で確保しますので、お客様のお名前を報告してからの正式予約となります。エコノミークラスの他、プレミアムエコノミー、ビジネスクラスなどのご希望も承ります。