ポルトガルは古くから日本との交流があり、深いつながりがあります。大航海時代の名残を残す街の雰囲気。優しく温かい人々。美味しい食事やワイン。今回の旅では世界遺産の街、ポルトに4泊して、急かされることのないゆったりした気持ちで旅をお楽しみ頂けます。杖をご利用の方や車椅子を使われている方も、安心してポルトガルをお楽しみ下さい。行程表をご覧戴くと、あまりにスカスカでびっくりされるかも知れません。「あちこち欲張って観光したい」と言う方には物足りない旅ですが、朝、ゆっくりと朝食を戴き、のんびり街を散策してカフェでお茶をする。見たいところでは時間を忘れて佇む。そんな旅をしてみたい方にはぴったりの旅ではないかと思います。現在、4名のくらぶベルテンポ会員様と旅の準備を進めています。

 
日時 2018年05月04日(金)~05月11日(金)
期間 8日間
料金 828,000円
訪問都市 リスボン、ポルト
利用航空会社 日本航空(羽田ーロンドン)、ブリティッシュエアウェイズ(ロンドンーリスボン)
出発地 東京国際空港(羽田)
募集人数 6人
最小催行人数 4人

世界遺産の街ポルトでゆったり過ごす

ポルト・ドウロ川クルーズからの風景

ポルトガル第二の都市、ポルトは街全体が世界遺産です。ポートワインで世界的に知られているのでポルトの名前をご存じの方も多いでしょう。中世の時代の名残を今に残す、美しい街です。今回の旅ではポルトの街に4泊します。通過型の観光では見えて来ない、本当の街の魅力を体で感じて頂けることと思います。

ドウロ川のクルーズは至福の時間です。もちろんポートワインのワイナリーや世界一美しいと言われる書店にも足を伸ばしましょう。時間を忘れて五感全体でポルトの街を堪能してください。


首都リスボン

羽田からロンドン経由でリスボンに入りますので、リスボンは初日と最終日にそれぞれ1泊します。今回、充分に街を観光する時間はありませんが、リスボンのの雰囲気をお楽しみください。リスボンと言えばトラム。街中を軽快に走り回るトラムを見ているだけでワクワクして来ます。


聖地 サンチアゴ・デ・コンポステーラ

キリスト教の聖地であるサンチアゴ・デ・コンポステーラは巡礼の道の終着駅。多くの信徒が歩いてこの地を目指します。私たちには巡礼をする時間も体力もありませんが、この地を訪ねる価値は充分にあります。ポルトの街からは国教を超えて200キロ以上離れていますので、日帰りで行くには少し大変ですが、ご参加メンバーの方のご希望があればアレンジ致します。(往復の交通費などは別途、お願い致します)


ポルトガルの美味しい食事

「高萩さん、どうしてポルトガルがそんなに好きなのですか」と良く聞かれます。私とポルトガルという国の波長が合っているとしか言いようがないのですが、ポルトガルが大好きな理由のひとつが、食事の魅力です。あてがい扶持ではない、街のレストランで食事をすると、びっくりするくらい、安くて美味しいのです。海の幸は豊富でワインも美味。ちなみにポルトガルには甘いポートワインだけではなく、普通に安くて美味しいワインがたくさんあります。写真はレストランのオーナーと食材の調理方法についての交渉をしているガイドの河内さんです。

美味しい食事をたくさん戴きましょう。


  • 1日目
    1

    東京国際空港(羽田)9:00集合

    羽田11:20<JAL43便>空路、ロンドンへ。

    ロンドン15:50 乗り継いでリスボンへ。
    ロンドン20:15<BA504便>

    リスボン23:00

    着後、ホテルへ

     

    朝: 昼: 夜: リスボン
  • 2日目
    2

    ホテルにてゆっくり朝食

    午前:ご希望の方はリスボンの街を歩いて散策

    午後:列車にてポルトへ(2時間30分)

    ポルト着後、ホテルへ。

    朝: 昼: 夜: ポルト
  • 3日目
    3

    ホテルにて朝食

    ゆっくり観光に出発
    世界一美しい書店、旧市街、
    ポートワインのワイナリーなど。

    午後、ドウロ川クルーズ

    朝: 昼: 夜: ポルト
  • 4日目
    4

    ご希望があれば、サンチアゴ・デ・コンポステーラへの日帰り旅行

    朝: 昼: 夜: ポルト
  • 5日目
    5

    ポルト滞在

    欲張らずにのんびりと街を散策しましょう。

    お買い物もお楽しみ下さい。

    朝: 昼: 夜: ポルト
  • 6日目
    6

    リスボンへ移動します。
    (移動の時間帯は相談して決めます)

    夕食はリスボンにて、美味しい物を戴きましょう。

    朝: 昼: 夜: リスボン
  • 7日目
    7

    ホテル出発 8:00頃
    空港到着 8:30頃

    リスボン11:05<BA501便>空路、ロンドンへ。

    ロンドン13:05
    ロンドン19:15<JAL44便>空路、帰国の途へ。

     

    朝: 昼: 夜: 機中泊
  • 8日目
    8

     

    羽田15:00

    帰着後、解散。

    お疲れ様でした。

    朝: 昼: 夜:

利用になる宿泊地

リスボン

リスボンのホテルは手配中です。確定次第ご案内します。バリアフリールームのご希望があればお知らせください。

ユーロスターズ ダス アルテス(Eurostars Das Artes)【ポルト】

ポルト市内の中心に位置する、ユーロスターズ ダス アルテス(Eurostars Das Artes)はタイルのファサードがある歴史ある建物の部を利用したホテルです。細部までデザインにこだわったホテルで、館内にはアート作品があり目を楽しませてくれます。

フローリングの客室は上品な内装でまとめられており、全室で無料のWi-Fiが使えます。

館内レストランでは、季節の食材を使用した朝食が人気です。バーも併設されており、クラシックなポートワインを楽しんだり、ガーデンエリアでくつろぐこともできます。

バリアフリールームのリクエストがあればお受け致します。

現地での移動交通手段

少人数での旅行となりますので、現地では移動については、タクシー2台に分乗して移動します。列車やトラムの乗車も体験して欲しいと考えていますので、ツアーとは違う旅の楽しみを感じて頂けると思います。荷物の運搬についてはご心配頂かなくても、当社にて工夫しながらお手伝いさせていただきます。ご質問がありましたら、お気軽にお知らせください。

828,000円 /大人お1人様

費用は4名様以上で旅行を実施した場合の、お一人様あたりの旅行費用です。羽田からポルトガルまでの往復航空運賃、ホテル6泊、現地で移動するためのタクシー代など、現地ガイドさん費用、添乗員同行費用、企画手配、コーディネート費用を含みますが、食事、観光に関わる費用は含まれません。

基本はエコノミークラス利用ですが、プレミアムエコノミー、ビジネスクラスの手配リクエストもお受け致します。
1名1室利用追加代金 : 74,000円
ビジネスクラス利用追加代金(手配のタイミングで料金が変動します) : 548,000円

料金に含まれるもの

  • 東京(羽田)ーポルトガル 往復航空運賃(エコノミークラス)
  • ホテル6泊(リスボン2泊、ポルト4泊)
  • 朝食6回
  • 現地移動で利用するタクシー代
  • 現地ガイド諸費用
  • 添乗員同行諸費用
  • 企画料、手配料
  • 特別補償規定に関わる保険料

料金に含まれないもの

  • 1名1室利用追加代金
  • 昼食代、夕食代、飲み物代
  • 観光移設入場料
  • サンチアゴ・デ・コンポステーラ日帰り旅行に行かれる場合の交通費など諸費用
  • 任意の海外旅行傷害保険

くらぶベルテンポのお客様と2014年に始めてポルトガルを訪問し、2017年に再訪することができました。そして今回またポルトガルにお客様とご一緒できることを、とても嬉しく思います。ポルトガルは小さな国ですので、どうしても横断、周遊する盛りだくさんなプランを作ってしまいがちですが、そこをぐっとこらえて、1都市に滞在する日程にしてみました。今回のポルトガルは「ポルト」に4泊します。それでもあっという間です。ドウロ川のクルーズを楽しんだり、カフェでお茶をしたり、ポルトガルの魅力を五感全体で味わって頂けるような、そんな旅を創ります。「もう、駆け足の旅はたくさん」という方とご一緒できることを楽しみにしています。お客様は6名まで。ガイドさんと私を含めて8名なら、ローカルのどんな小さなレストランにも気軽に入れます。予定を厳格に決めなくても臨機応変に対応可能です。4名は決まっていますので、あと2名。ご縁がございましたらぜひ、ご一緒しましょう。

ポルトガルのリスボンやポルトは坂の街ですので、杖や車椅子を使われる方が自由自在に散策とは行きません。石畳もあります。それでもこれまでご一緒させて頂いた、お体に障害がある方は皆さん、「ポルトガル最高!」とおっしゃてくださいました。一般的なツアーのような移動、観光イメージを持ってしまうと、ポルトガルは辛いと思います。私たちは、あちこち動き回るのではなく、移動の距離は最低限にして、移動する際はタクシーを利用、観光地やレストランでは充分に時間をお取りすることで、無理のない行程、時間配分にしています。観光箇所が少なくて物足りないと感じられるかもいるかも知れませんが、旅の善し悪しは「観光地に何カ所行ったか」ではないと考えています。

ポルトとリスボンでの移動は、一般的なタクシ(セダンタイプ)ーの利用です。今回はリフト付車両のような、福祉車両は使いません。
ポルトガルのタクシーはベンツが多いので、トランクスペースは充分にあり、車椅子や大きな荷物も収納できます

お体に障害がない方、お元気な方も、旅の趣旨にご賛同頂ける方であれば、ご参加大歓迎です。忙しい旅はもうたくさんと言う方は、気に入って下さると思います。

お客様へのお願い

バリアフリールームのリクエストは可能ですが、ポルトガルのホテルのバリアフリールームは割とおおざっぱな作りですので、日本人の感覚からすると、設備的には完璧とは行きません。悪しからずご了承ください。

それでも、ポルトガルは素敵な、魅力に溢れる国です。多少の不便を乗り越えても旅を楽しみたいとおっしゃる方のご参加をお待ちしています。

お足元の悪いお客様へ

杖をご利用になられているやご高齢の方で配慮が必要な方は、どのような配慮が必要かなど、できるだけ詳しくお知らせください。現地観光地での歩行距離や坂道、お足元の状況などは個別にご案内させて頂きます。

お一人で参加を希望される方へ

ヨーロッパのホテルは客室代が1部屋あたりの設定になるため、お一人部屋追加代金がとても高くなってしまいます。 大変心苦しいのですが、ご理解を頂けましたら幸いです。相部屋のご希望がありましたらお気軽にご相談ください。お客様の相性、性格、考え方などを相談しながら、お引き合わせ致します。相部屋希望の方がいない場合はご容赦ください。

参加をご希望、ご検討頂けるお客様へ

参加をご希望頂けます場合、メールやお問い合わせフォームからご一報頂けましたら幸いです。 飛行機の座席とホテルはお客様のお名前を報告してからの正式予約となります。予約後、1週間以内に航空券を購入する必要がありますので、予約後、ご請求書を発行させて戴きます。エコノミークラスの他、プレミアムエコノミー、ビジネスクラスなどのご希望も承ります。