先日、個人のお客様と台湾へ出かけ、気功体験の話を聞かれたお客様からの強いご希望により、急遽、12月20日(水)より3泊の行程で、再び、台北へ出かけることになりました。今回の旅の最大の目的は、「本物の気功」を受けることですが、他にも台湾らしい過ごし方をご提案したいと考えております。現在、ご夫婦様2名様の参加が決まっております。あと2名~3名様のお申し込みで締め切らせて頂きます。出発間際となりますので、お早めにご検討下さい。

「台湾旅日記」 (ベルテンポブログより)

台湾旅日記

 

 

 
日時 2017年12月20日(水)~12月23日(土)
期間 3泊4日間
料金 228,000円
訪問都市 台北
利用航空会社 日本航空、エバー航空(予定)
出発地 成田空港
募集人数 5人
最小催行人数 2人

これをなくしては台湾は語れない! 夜市(イエシー)

夜市の活気は昔の日本のお祭りでの夜店を思い起こします。懐かしい気持ちになります。台湾の夜市は一年中、市内のあちこちで開かれており、雑貨や洋服のお店、飲食店、スイーツ、何でもあります。スマートボールのような懐かしいゲームにお客さまと夢中になったこともありました。

食べ物は、衛生面は大丈夫なのですか?と良く質問されるのですが屋台の衛生面については台湾では基準がとても厳しく、行政の許可を得たお店しか営業することができません。私たちベルテンポのお勧めは果物とスイーツです。果物やさんは、その場で食べたいと言えばすぐに剥いて食べやすいようにしてくれますし、スイーツははしごしたくなる美味しさです。

豆花は杏仁豆腐のようなものです。温かいスイーツ。釈迦頭はまさに、お釈迦さんの頭のようなブツブツの果物。甘いんです。

 

 


もう本当に美味しい!食べたらとまならい。小籠包と台湾グルメ

目の前に次々と出される小籠包。もう無理と思いながらもお腹に入ってしまうのが不思議。

有名店へのご案内も出来ますが、ツアーなどではいかない、地元客で賑わうお店に行ってみたいですね。日本では小籠包は一種類ですが、台湾の小籠包は驚くほどの種類があります。ひとつずつは小さいので、結構食べられます。
日本で戴くのとはまた違う本場の味をお楽しみください。

しつこいですが、ホント、美味しいです。

 

小籠包のことばかり書きましたが、もちろん台湾の王道である中華料理も絶品です。中華料理などとひとくくりにするのは申し訳ないほど、さまざまな料理があります。今回の旅では日本人のお口にあう優しい味のお店を選びます。

 


千と千尋の神隠しの舞台にもなった 九份(チウフェン)

映画の世界に迷い込んでしまったかのようなノスタルジックな街並みを楽しみます。大都会台北からそれほど遠くない場所にも、昔の日本統治時代を思い出す、懐かしい場所が点在しています。お客さまとご相談しながら、無理のないように散策しましょう。長い距離を歩かないように配慮しますが、途中、お茶休憩などを挟みながらお疲れが出ないように致します。

お土産もここで探しましょう。


本物の気功で不調を吹き飛ばそう!

台湾と言えば気功。市内にもピンからキリまで気功を謳う道場があります。もしもご興味がある方がいらっしゃいましたら、世界的に有名な先生の道場にご案内することが可能ですが、台北郊外にありますので、1日がかりとなります。ご希望の方はお早めにお知らせください。別途費用(専用車チャーター代金+気功体験で7~8万円)が掛かりますが本場の気功体験が可能です。
(所要往復6時間)


台湾は地元の人で賑わうお店に行くのがポイント

団体ツアーで連れて行かれるお土産屋さんやレストランは、残念ですがあてがいぶち。 せっかくですからローカル客で行列が出来るお店を訪ねましょう。

お茶、パイナップルケーキ、乾物など台湾のお土産にご興味があれば、地元の方が足を運び行列ができているお店にご一緒しましょう。

当社は契約店などがありませんので、お客さま目線で、本当に良いところにご案内させて頂きます。ご安心ください。


年の瀬を台湾で過ごす

日本人は頑張りすぎです。いつもいつも頑張っています。外国人は何もしないでゆっくり過ご す年末年始も動いています。もうそんなお正月はやめましょう。自分のための自分だけの時 間。1年の終わりくらいいいですよね。台湾で頑張った自分にご褒美をあげましょう。

そして、「でも、新年は日本で過ごしたい」とおっしゃる方のために、年末12月30日に帰国できる日程にしました。

 


  • 1日目
    1

    午後:成田空港(伊丹、名古屋、関西)ー台北桃園国際空港 着後、ホテルへ。〈台北市内泊〉              

    朝: 昼: 夜:
  • 2日目
    2

     台北郊外を観光。ノスタルジックな街並み九份(チウフェン)へ。古い木造、石造りの家屋が建ち並ぶこの街は映画の舞台に もなり、台湾を代表する観光地となりました。紅い提灯に賑やかな夜店が並び、歩いているだけでも旅情気分が盛り上がります。 夕暮れどきの明りがぽつりぽつりと灯りだす幻想的なノスタルジックな風景も楽しみます。夕食は台北市内へ戻り、夜市にて絶品 小籠包を。                                                          〈台北市内泊〉

    朝: 昼: 夜:
  • 3日目
    3

     ご褒美の日。日本より遙かにお手頃なマッサージにエステ、日本統治時代の歴史を辿る・・・など。 午後は、台湾のお土産ものを探しに出かけます。とっておきの場所へご案内します。              〈台北市内泊〉

    朝: 昼: 夜:
  • 4日目
    4

    午前または昼。台北桃園空港出発ー午後 成田空港到着。

    朝: 昼: 夜:

利用になる宿泊地

台北市内のホテル

宿泊は台北市内の4つ星クラスのホテルを予定しています。バリアフリールームなどのリクエストがございましたら、お早めにお知らせください。

現地での移動交通手段

少人数での旅行となりますので、現地では貸切バスではなく、タクシーやメトロ(地下鉄)などを上手に利用して移動したいと考えております。それが台湾をより良く知るための方法でもあります。団体ツアーと異なり大型バスでの移動ではありません。もちろん、お疲れのご様子だったり、荷物が多い場合は臨機応変に対応致しますのでご安心ください。

228,000円 /大人お1人様

お申込締切 12月1日頃
1人部屋利用追加代金 : 30,000円

料金に含まれるもの

  • 往復航空運賃(成田⇔台北/エコノミークラス)/宿泊費(3泊)/日程に記載のある食事代/日程に記載のある現地交通費/添乗員同行費用・諸経費/企画手配料金

料金に含まれないもの

  • 集合場所までの交通費/1人部屋利用追加代金/日程に記載のない食事代と交通費/任意旅行保険代/個人発生費用/観光入場料金

台湾のバリアフリーは設備的には日本と同程度とお考えください。エレベーターなどの設置は進んでいます。もちろん完璧ということではありませんのでご不便をおかけする場面があるかも知れません。添乗員(高萩徳宗)が現地で最適の動きをその都度検討、判断致します。

ご質問などがありましたら、どうぞお気軽にお知らせください。