美食の島 小豆島【ツアーレポート】

お客様との小豆島の旅。
 
2018年4月23日~26日まで3泊4日の日程です。
 
昨日、サンライズ瀬戸に揺られ、朝、高松に到着しました。
{6F54D83E-39BE-4410-8B85-045A7A02548E}

「朝ごはんはどうしましょう?」

「うどん!」
 
{548B1A2B-0F15-4579-8993-1AC77F277BF3}
朝の7時から、うどん屋さんが開いているのもすごいですが、かけうどん210円も、すごい。
 
かけ小で、お腹いっぱいです。
うどんはお腹が膨れますね。
 
 
小雨降る中、フェリーターミナルへ。
車イスでも何の問題もなく、特別扱いもされずに、普通に船内へ。
 
嫌な顔されるのも困りますが、あまりに腫れ物に触るような特別扱いもどうかと思うので、このちょうどよい塩梅の対応がとても気持ち良いです。
 
フェリーは、お足元の悪い方や高齢者が乗船するのは普通のことなので、当たり前と言えば当たり前ですが。

{773480FB-F82F-48B9-B63A-8B8436F018A6}
船は島民のライフラインなので、バリアフリー対応であることが多いです。
 
 

船内はガラガラで、最前列の特等席を確保。特等席と言っても普通の乗船券で乗れます。

{6E7F8EE3-0B45-4ECD-B590-7AAF03CC55AD}
 

甲板から船内へのエレベーター。船舶振興会の補助で後付けされています。

交通バリアフリー法は、本当にできて良かったと思います。
{E9D9D565-71E0-48B3-ACB3-5A8697E2AA4B}
 
雨で。車イスでは外歩きが難しく、まずは腹ごしらえ。さっき、うどんを食べたばかりですが。

{2BC34FFA-EDE2-4E81-BF44-691B7607F0E8}
 

野の花さん。上品で洗練されているお店。

一品一品が、温かく優しい味です。
本当に美味しくいただきました。

{36ECB741-9322-46B9-BAA9-474BD69710FB}
 

お昼を食べていたら、雨が止み、空が明るくなって来たので、道の駅に行ってみました。

{A011B3E4-6C2D-49E3-8A25-E6CAA38FA517}

お見事な景色。

まさに、小豆島、な風景です。
 
ガイドブックや、ポスターでみる、風車の光景。

{0157326C-4E0C-4EBB-8ADD-6D3EF4C434C3}
 

今日の宿は、小豆島国際ホテル。

エンジェルロードが目の前です。
 
写真は、お客様の部屋からの眺め。

{2FFC5F43-792F-40A9-A66A-B2EFEA278BFA}
 

せっかく、エンジェルロードが姿を見せているから、散策に行きました。

{8B1253D1-A053-45C4-AE4D-574028A0638E}
 
仲睦まじく、美しい愛情を感じる一枚。
ラブラブで、私はおよびじゃない。
 
お風呂で温まり、夕食の時間です。
 
いやはや、油断していましたが、小豆島の食事。凄すぎます。
 
お造りはもちろん、讃岐牛、生素麺、そして醤油が本当に美味しくてびっくりです。

{EFF7B311-E8B6-4952-84BF-AECDBA8E22D4}

{0AEF4929-B7DF-4A8C-8C14-92C010E630B4}

これ、特別料理ではなく、スタンダードメニューです。

 
 
小豆島は美食の島だと、改めて認識した一日でした。
 
 
明日は寒霞渓と映画村を楽しみます。
あ、ひしお丼のリクエストがありました。
 
おやすみなさい。
 
高萩徳宗