高野山。報恩謝徳の旅

ベルテンポ・トラベル代表の高萩徳宗です。

日曜日から3日間、経営者仲間の原さんと高野山に山籠りをしました。

 

阿字観を体験しました。

阿字観を体験しました。

 
毎朝の護摩祈祷も素晴らしい体験です。

毎朝の護摩祈祷も素晴らしい体験です。

 
 
 
原さんは箱根湯本で旅館豊栄荘を経営されている社長さん。
{A3E8D48C-C8B3-4976-BCE5-0AAB0DFD4ECC}
 
近年、外国からの宿泊客が増えていることもあり、グローバルな観光先進地、高野山の視察をお勧めしました。
 
高野山はミシュランの三つ星を取った観光地で、フランスを始め、ヨーロッパからの観光客が大勢訪れています。
 
{82187E5B-9F3C-441F-9AA8-642FAF86B922}
奥の院ナイトツアーは外国人40人、日本人7人でした。点呼も、
 
 
アレックス!
ロバート!
キャサリン!
 
ここはどこ?
 
 
 
私たちが宿泊した宿坊、恵光院さん。昨日は私たち以外に日本人はひと組だけで、あとは全員外国人でした。
 
{B4C3691C-C878-43E2-826C-0197642F5D37}
宿坊内は英語が飛び交い、若いお坊さんも普通にバイリンガル。
 
 
{EC57AA50-E95B-42D8-8632-43633FD245B0}

朝の護摩祈祷も、日本人は私たちともうひと組だけ。あとは全員が外国人です。

恵光院さんのお坊さん、
流暢な方も片言の方もいますが、そこは問題ではありません。外国から日本に興味を持ち、縁あって接点を持った人との異文化コミュニケーション。
 
高野山では若いお坊さんはもちろん、路線バスのドライバーさん、食堂のおばちゃんも普通に英語で会話しています。英語メニューは当たり前ですが、ベジタリアンがどうとか、鶏肉は食べられないみたいな会話を当たり前にしています。
 
 
さて、高野山。
真言宗の総本山で空海が1200年前に開いた天空の聖地。
 
{F1402694-5C9D-44F1-9444-1111C97F5DF7}

 

{D5345F12-DC73-47F6-BD91-6CC5D971E9C8}
標高900メートルのこの地は、意外にも日本人には馴染みがありません。
真言宗の信徒さんか、関西に住む方が子供の頃、林間学校で行きました、みたいな方でないと、行ったことがある方が少ないようです。
 
かく言う私も南海電鉄さんの研修のご縁で、初めて高野山の地に足を伸ばして、高野山の魅力に引き寄せられたのです。
 
「高野山の見どころは?」という質問もいただきますが、高野山は観光地ではないので、あっちを見て、こっちを見てという場所ではありません。
 
宿坊のお風呂で一緒になったオーストラリア人に、高野山、どんな印象を受けましたか?と、聴いたら、
 
スピリチュアル、アメージング、本当に素晴らしい。
 
と感動していました。
 
日本人的にも、この地の神秘性を感じられるかが、来る価値でしょう。
 
ただ来ても、意味がわからないと思います。
 
私たちは、滞在中、プロのガイド、通訳案内士の安川さんに来ていただきました。
 
{961A303F-8544-4497-B2C6-75865608DA7A}
空海がいかに偉大な人物であったか、インドから中国を経由して日本に伝来した仏教の意味など、
 
日頃の生活の中では考えることのない、日本の歴史、宗教感などを五感全体で受け止めて頭で考えることが、高野山へ来る意味なのだと思います。
 
{A1007230-FE71-4892-B3F3-6EAD80633E31}

 

{0995D249-DCC7-4722-9E0A-9AF0A3A8E3CA}

 

{C0BAA329-5241-4E38-8C8E-45B5F8C49BAA}

 

{9BD1BF13-BB76-4EE2-82F2-8DE8977846D4}

 

{A8A4BAA6-2A5E-4861-945B-A89C6F8F5B5B}

 

{79A2716D-29BF-46B2-B458-88A88ACAC548}
 
これからも年に一度は、高野山に足を運び、頭の中を整理する時間を作りたいと考えています。
 
 
高萩徳宗