特別養護老人ホームにお住いの方の旅行相談【沖縄】

こんにちは、ベルテンポ代表の高萩徳宗です。
 
今日は多摩センターにある、特別養護老人ホームにお住いの方から、沖縄旅行に行きたいとご希望を頂き、ご面談、打ち合わせをしてきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まったく関係ありませんが、多摩センター。とても懐かしかったです。

私、19歳から23歳まで小田急線の車掌をしており、多摩線にも乗務。月に1回、多摩センター泊まりという乗務がありました。冬は寒かったなあ。

 
さて、本題です。
 
初めてお逢いするお客さまですが、お元気そう。年齢よりもずっと若く見えます。
 
70代後半のお客さまは要介護5で身の回りのことはすべてサポートが必要です。決して自由ではないお体で、それでも旅に出たいと言う意欲を心から敬服します。いつも思うのですが、私が同じ状況で、それでも旅に出るか。自信がありません。旅する意欲は生きる意欲です。
 
 
ちょっと面白かったのが、
施設の職員の方が、一生懸命私に質問する内容が、
 
・大きくて特別な車イスを使っているが、どう飛行機に乗るか
・長時間の座位が難しいが機内でどうしたらよいか
・食事は刻みであるが対応可能か
・ホテルの水回りはどうなっているか
・おむつの交換の場所の確保
・ベッドの高さ
・緊急時の医療体制
 
など、介護のプロとして当然の項目が淡々と並びます。

もちろん、そのすべてにお応えするのは当然のこととして、私は、お客さまご本人に、

「沖縄は初めてですか?」
「ところで、どうして沖縄なのですか?」
「沖縄で何がしたいですか?」
「好きな食べ物は?」
「お酒は召し上がりますか?」

と質問しました。

沖縄は初めてで、海が大好きで(施設の窓からは当然、海は見えない)、沖縄では美味しい沖縄の名物が食べたくて、お酒は泡盛が飲みたくて、南の島の刺身が食べたいと。
 

そして、打ち合わせの後半、

「沖縄には、京都の舞妓さんのような方はいますか?」

ああ、郷土衣装を来た島娘さんですね。実はこれが旅のメインだったりして。
 
 
飛行機はリクライニングのこともあり、JALのファーストクラスをおススメしたのですが、
「あ、すみません。〇〇さん、問題がひとつあります。」と大切なことをお伝えしました。
 
JALのファーストクラス、VIP対応して頂けて、大好きなお酒も飲めたりしますが、
アテンドして下さるCAの方はベテラン揃い。
 
時として、肝っ玉母さんみたいなCAさんがお世話して下さることもあり・・・。
お客さま「大丈夫です、私にはちょうどいいかも。」
安心しました。これで準備が進みます。
 
泊まりは私の大好きなリゾートホテル、日航アリビラをお勧めしようと考えています。素晴らしい滞在が約束されます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「あとは、お天気だけです。どうか、出発まで、日ごろの行ないには充分ご注意ください。」
 
とお伝えして、施設を失礼しました。
 
100回に一回くらい、「もっとまじめにやれ」と叱られますが、私的には極めてまじめな打ち合わせ。旅の本質は観光地の選定でも、車イスでの搭乗準備でもなく、旅から帰ってきたあと、5年後も10年後も「あの時は楽しかったですねー。」という想い出を創ること。
 
本当に寝たきりになって、旅行に行けなくなっても、写真を見ながら、旅の想い出をかみしめる。
そんな旅を、たったひとりのお客さまの為に創る。
 
そんな会社でありたいと思います。