4月に阿蘇の桜を見に行きませんか?

IMG_0026

写真は昨年、2016年の4月初めにお客様とご一緒した、南阿蘇村の一心行の桜です。菜の花とのコントラストも素晴らしく、心安らぐ時間を過ごしました。

IMG_0042

こちらは高森峠の桜です。つづら折りの旧国道に沿って植えられた桜が龍のように上っているかのごとく、咲き乱れています。観光客は少ないので穴場でした。

IMG_0055

こちらは白川水源です。震災のあと大変だったようですが、今は平穏を取り戻し、今までと変わらず清流が湧き出ています。

実はこの旅行の翌週、未曽有の震災が起きて、熊本の方々は本当に大変な想いをされたことはご承知の通りです。個人的には何をすることも出来ず、もやもやしながら昨年の秋、チャンスがあり熊本を半年ぶりに再訪しました。

IMG_0007IMG_0005

今回の企画とは関係ありませんが、阿蘇のふもとでキャンピングカーを宿泊施設にされているオーナーさんを訪ねたのです。

車で阿蘇を走っていると、そこには平常つまりいつもの生活が戻っていることに気が付きました。もちろんまだ震災の後遺症や被害から立ち直れていない方も大勢いらっしゃいますし、仮設住宅にお住いの方もいます。

それでも、熊本の人に伺うと、誰もが、復興とか支援とか、そういうことではなくていいので、普通に観光客としてまた熊本に来て欲しい」ということに尽きるとおっしゃっていました。

そこで、私たち旅行会社が出来ることはひとつ。

いつものように、熊本の旅を創り、お客様に声をおかけして、旅をする。
これだけしかないと思ったのです。

個人的な話で恐縮ですが、私(ベルテンポ代表・高萩)は大分県の出身です。熊本はお隣の県でご近所さん。私にとっては熊本を旅することは、故郷九州にお客さまをお連れして帰省するようなものです。

私も熊本の方と一緒に、添乗員としてではなく、九州人としてお客さまをおもてなししたい。そんな想いでこの旅を企画しました。

ご案内したい場所は、一心行の大桜、大観峰、阿蘇神社、草千里。
入って頂きたいお湯は阿蘇の素晴らしい温泉。
食べて頂きたいものは、だご汁、いきなり団子、阿蘇のあか牛。

五感をフルに使って、阿蘇を感じる旅を創ります。

4月3日から2泊3日です。私は羽田から出発しますが、中部や伊丹などから熊本合流もOKですし、山口や福岡から新幹線で熊本へいらっしゃり、JR熊本駅集合でも合流可能です。

九州の方は自家用車でおいで頂いても構いません、1日だけの合流、日帰りでの合流なんでもありです。

高萩が熊本に来るなら1日だけ合流しよう、なんてのもアリですので、臨機応変に旅しましょう。

なお、ホテルが現時点で決まっていないのは、参加を希望される方のお体のご様子や希望を伺って、「貸切風呂があると助かる」「大浴場に足を伸ばして浸かりたい」など話をしながら決定して行きたいと考えているからです。

最初に手を挙げてくださった2~4名の方とお話しをしながら、詳細を固めて参ります。

ご一緒できますことを楽しみにしております。

詳細はこちらからご覧ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です