天空の高野山【ツアーのパンフレットが完成しました】

高野山は関西以外の方には馴染みがないかも知れません。私(高萩)は九州の出身で社会人になってからは東京。高野山とは縁のない生活を送っていました。

 

一昨年、南海電鉄グループ様の社員研修のお仕事を頂き、初めて高野山に足を伸ばして、まさに「天空」のキンとした空気に感動したのを覚えています。

それはスペインのサンチアゴ・コンポステーラや、ポルトガルのファティマで受けた感動、鳥肌にも負けないものでした。

ヨーロッパからの外国人旅行客の人気ランキングでも、ここ高野山が堂々TOPの人気スポットになっていることを日本人はあまり知りません。

高野山に足を運ぶと、幽玄の世界がそこにあります。高野山はまさに世界中の外国人がイメージする「日本の仏教、精神世界」がここにあると感動するのでしょう。

私は数度、高野山を訪れているだけですが、日本の経営者は皆、高野山に来て「空」の時間を持つことが大切だと強く感じます。今、日本には情報があふれ返っており、変な知識、戦術、テクニック、買った負けた、ウィンウィン、なんとかファースト、何とかレジーム・・・。

多くのノイズに囲まれて生活している私たちにとって、「空」はかけがえのないものです。宗教的なことは横においても、真言宗の座禅にあたる
阿字観(叩かれたりはしません、ご安心ください)写経、勤行、護摩祈祷などに身を置くだけでも、日ごろ知らず知らずのうちに体にまとわりついた邪気が取れていくのを感じます。経営者はパソコンやスマホの電源を切って、静かに頭の中を空っぽにする時間も必要なのではないでしょうか。

この企画へのご参加に当り、根性や我慢、正座などは必要ありませんので、どうぞ気楽にご参加ください。身を置く「場を変える」ことがこの旅の最大の目的です。ぜひ「空」を感じて下さい。ご一緒できますことを楽しみにしております。

この企画のパンフレットが完成しました。こちらのリンク先(PDFです)からダウンロードしてご覧いただけます。
ご興味がある方、参加をご検討頂ける方はぜひご覧ください。

2017.03.12.koyasan(A4で2ページです)

ツアーの内容について詳しくはこちらからご覧ください。
2017年3月12日~14日 【経営者・リーダー向け ゆっくり、ゆったり 空海を訪ねる高野山の旅】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です