【ベルテンポ・カナダ】ケベックシティとナイアガラ、トロントの旅から帰国しました

ナイアガラの虹

 

 

 

 

 

ナイアガラに見事な虹がかかりました。

 

ベルテンポ・トラベルの高萩です。
2016年9月3日から10日まで8日間の日程でケベックシティ、ナイアガラ、トロントを楽しみました。

ご参加いただいたお客様は60代の女性。カナダにはホワイトホースにご一緒させて頂いたことがあり、カナダは2回目。ホワイトホースとはまったく趣が違う東部カナダの旅を楽しむことができました。

cnd ac air canada

B777満席でした。

今回の旅はエアカナダの羽田―トロント便を利用。羽田からトロントに直接行けるなんて、夢のようです。本当に便利になりました。車イスを使われるお客様がいらっしゃるので優先搭乗させて頂き、機内の写真を撮りました。

トロント空港まで12時間。その後、ケベックシティに乗り継ぎですが、車イスを使っていると最後に飛行機を降りることになり、入国審査の後の荷物のピックアップに時間がかかり、ケベックシティ行の便に間に合いませんでした。

次の便まで2時間以上あったので夕食をトロント空港で済ませることにして、深夜のケベック空港に降り立ちました。

 

★ケベックシティの早朝散歩

翌朝、時差のため早くに目が覚めたお客様と一緒にホテル近くを散歩。私は朝の散歩などをするタイプの人間ではありませんが、この散歩は本当に気持ちが良かったです。お客様に旅の最後に伺った「印象に残った場面は?」という私の質問に、いちばん最初にこの「ケベックシティの早朝散歩」を挙げられていました。

img_0015cdnyqb
ホテルの目の前にある戦場公園。雲一つない青空。9月初旬で朝は15度くらいです。快適です。

こちらはジャンヌダルク公園。見事です。美しいとしか言いようがありません。

img_0035cdnyqb

長いフライトの翌日ですから、ゆっくりと9時過ぎから朝ごはんです。
アラカルトで注文しましたが、それでも量は多い。

img_0044cdnyqb

さて、どうやってケベックシティを観光しようかなあ、といくつかのプランを検討しましたが、お天気が良かったので、実行したのは2階建てオープントップバスでの市内観光。12の停留所を1時間半かけてぐるぐる回る、お上りさん向けの観光バスです。乗ったり降りたりしなくてもケベックの街をぐるっと回ってくれる優れものです。日本語の案内テープがあります。

img_0045cdnyqb img_0059cdnyqb

2階からの眺めは最高です。そして風が気持ち良い。紫外線が強いので女性はお肌対策必須ですが、個人旅行でケベックシティに来られたらぜひ体験してみてください。4,000円くらいしますが、十分にその価値があります。1日券のみで、何度でも乗り降り可能です。

ちなみに車イスのままでの乗車できますが、2階へはらせん階段のみですので、1階のイスに腰掛ける形になります。
それでも乗る価値は十分にあります。

img_0083cdnyqb cdnyqb05 img_0015cdnyqb

この写真はどれもオープントップバスから撮影したものです。視線が高いというのは、凄いことです。

 

旅は続きます。→ナイアガラに大きな虹が掛かりました。