旅は見るより、食べる【弘前でフレンチ】

函館プラスどこかで一泊の場所として、私がお客様に推薦した弘前の街。私、弘前、大好きなんです。
陳腐な言葉を使うなら、城下町らしい、しっとりとした落ち着き。
旅行業界的に言うと、「ギラギラしていない」つまり観光客に特段、媚びを打っていないゆとりのようなもの。

某砂丘のラクダつかいみたいに「お、獲物が来た」みたいな目線を投げかけ、乗らないのに写真だけ撮ろうとすると追い立てる。(今はどうか知りませんが、10年くらい前に、なんだ、この観光地はと驚愕した記憶があります)
でも、それはギラギラして「お金、持って来い」と攻撃的になっているというよりは、売れてない、売り上げが思うように伸びていないことの裏返しの焦りみたいなものではないかと感じています。

弘前の町には、そういう「金持ってこんかい」みたいな嫌らしい商魂をまったく感じないのです。

良くも悪くも、ぽわあっとしている。

●弘前で、何を食べるか

私が弘前でお客様に問いかけたのは「どこへ行きますか?」ではなくて「何を食べましょうか?」。

私、旅行会社は、お客様を引っ張り回し過ぎだと思うのです。
他社のお客様はどうか判りませんが、お客様って正直、そこまであちこちを見て回りたいとは思っていないはずです。だって10か所、駆け回るように観光地を見せられても、印象には残りません。

バスから降りたり乗ったり、降りたり乗ったりしなくても、街の雰囲気、空気や住む人の人柄が判れば十分。

旅の想い出として後々まで残るのは「味覚の印象」です。
それも、贅沢な食事ではなく、美味しい食事をお召し上がり頂くこと。

弘前にはフランス料理のお店が30軒近くあるそうですが総じてレベルが高い。

と、言うことになり、岩木山に車で登ったあと、弘前でランチを頂くことにしました。

岩木山、八合目まで車で上がれます。

2016-08-24 10.12.03 hirosaki

 

雲より上に来ているみたい。
2016-08-24 10.13.15 hirosaki

リフトで9合目まで行けますが、今回は皆さんパス。私も含めて怖いみたい。
2016-08-24 10.09.31 hirosaki

 

 

 

 

弘前市内に戻って、予約をしていた「シェモア」さんへ。11時半で満席でした。びっくり。

カボチャの冷製スープ。とてもふわふわです。

2016-08-24 11.52.58 hirosaki

 

 

 

 

 

私、メインはホタテにしました。柔らかい。16種類からメイン料理が選べます。

2016-08-24 12.03.47 hirosaki

 

 

 

 

 

デザートにアップルパイを追加してしまいました。大きすぎてびっくり。大満腹です。

2016-08-24 12.32.25 hirsaki

 

 

 

 

 

お腹一杯になり、青森空港までうたた寝ドライブです。

うたた寝もまた良いものです。幸せな気分。